SBIホールディングス出資企業OwlTing Japanが白川郷の合掌造民宿にブロックチェーン技術を活用した予約システム導入へ

SBIホールディングス出資企業OwlTing Japanが白川郷の合掌造民宿にブロックチェーン技術を活用した予約システム導入へ

合掌ホールディングス株式会社が、台湾に本社を置くOwlTing Japan株式会社と協業し、合掌造民宿にブロックチェーン技術を活用した宿泊予約システムを導入したことを2月27日プレスリリースにて発表

外国人観光客に人気でその利用者が7,8割にもなる合掌造民宿は、これまでの予約受付が電話・FAXのみだったため、オーバーブッキング、ダブルブッキングなど数多くの問題が発生していた。また海外観光客にとって電話・FAXでの予約はハードルが非常に高く、空室があるにも関わらず、近隣都市に多くの宿泊客が流れてしまう状況があったとのこと。

また空室の見える化が出来ていないことで、業務の大半を電話やFAXなどによる予約管理業務に費やしていることがわかったとのこと ・これらの状況を打破するために、OwlTing社と合掌ホールディングス社が協業し予約管理をデジタル化したとのこと。

IT化を進めることで接客に多くの時間を割くことができるよう、従来の紙の台帳からスマホ・タブレットの台帳での予約管理を実現したとのことだ。

なおOwlTing Japan株式会社は、2018年5月にSBIホールディングス株式会社の100%子会社である、デジタルアセット関連ベンチャー企業などへの投資を行うSBIクリプトインベストメント株式会社が出資している。なお当時の発表によるとOwlTing社への出資比率は20%となっている。

編集部のコメント

今までの宿泊施設運営には「自社予約システム」「在庫管理システム」「サイトコントローラー」とそれぞれの契約が当たり前になっていたということですが、ブロックチェーンを利用することで、OwlNestシステムでは上記の3システムを全て搭載していると考えられます。

あたらしい経済編集部は、合掌ホールディングス社へ予約システムにどのようにブロックチェーンが使われているかを問い合わせたところ、「主にサイトコントローラ の在庫や価格管理部分で使われており、スマートコントラクトにより1クリック1更新でOTA(Online Travel Agency:ブッキングドットコムや楽天トラベルなどのような宿泊予約プラットフォーム)への情報転送を実行し、既存のカスタマーマネージメントよりオーバーブッキングの発生を抑えられます」と回答してくれました。なおイーサリアムがシステム基盤に活用されているとのことでした。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:kiamb_s)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。