SBIホールディングス出資企業OwlTing Japanが白川郷の合掌造民宿にブロックチェーン技術を活用した予約システム導入へ

SBIホールディングス出資企業OwlTing Japanが白川郷の合掌造民宿にブロックチェーン技術を活用した予約システム導入へ

合掌ホールディングス株式会社が、台湾に本社を置くOwlTing Japan株式会社と協業し、合掌造民宿にブロックチェーン技術を活用した宿泊予約システムを導入したことを2月27日プレスリリースにて発表

外国人観光客に人気でその利用者が7,8割にもなる合掌造民宿は、これまでの予約受付が電話・FAXのみだったため、オーバーブッキング、ダブルブッキングなど数多くの問題が発生していた。また海外観光客にとって電話・FAXでの予約はハードルが非常に高く、空室があるにも関わらず、近隣都市に多くの宿泊客が流れてしまう状況があったとのこと。

また空室の見える化が出来ていないことで、業務の大半を電話やFAXなどによる予約管理業務に費やしていることがわかったとのこと ・これらの状況を打破するために、OwlTing社と合掌ホールディングス社が協業し予約管理をデジタル化したとのこと。

IT化を進めることで接客に多くの時間を割くことができるよう、従来の紙の台帳からスマホ・タブレットの台帳での予約管理を実現したとのことだ。

なおOwlTing Japan株式会社は、2018年5月にSBIホールディングス株式会社の100%子会社である、デジタルアセット関連ベンチャー企業などへの投資を行うSBIクリプトインベストメント株式会社が出資している。なお当時の発表によるとOwlTing社への出資比率は20%となっている。

編集部のコメント

今までの宿泊施設運営には「自社予約システム」「在庫管理システム」「サイトコントローラー」とそれぞれの契約が当たり前になっていたということですが、ブロックチェーンを利用することで、OwlNestシステムでは上記の3システムを全て搭載していると考えられます。

あたらしい経済編集部は、合掌ホールディングス社へ予約システムにどのようにブロックチェーンが使われているかを問い合わせたところ、「主にサイトコントローラ の在庫や価格管理部分で使われており、スマートコントラクトにより1クリック1更新でOTA(Online Travel Agency:ブッキングドットコムや楽天トラベルなどのような宿泊予約プラットフォーム)への情報転送を実行し、既存のカスタマーマネージメントよりオーバーブッキングの発生を抑えられます」と回答してくれました。なおイーサリアムがシステム基盤に活用されているとのことでした。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:kiamb_s)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「メイツーがイーサとビットコイン取得、ロビンフッドがナスダック上場検討など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

香港証券取引所上場のMeitu Groupが15,000ETHおよび379BTCを取得、米投資アプリのロビンフッドがナスダックでの上場検討か、イーサリアムの手数料改善案「EIP-1559」が7月のアップグレードで導入予定、標準料金化へ、ジャックドーシーが自身のツイートをNFTで販売、価格は約2億7,000万円に、米金融スタートアップのエコ(Eco)がa16zらから約28億円の資金調達、Bybitが英国でのサービス提供を停止へ、IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

米IBMがモデルナ(Moderna)と共に、ブロックチェーンやAIなどの技術を利用し新型コロナウイルス感染症ワクチンの管理をする計画を3月4日発表した。 モデルナは米国マサチューセッツ州に拠点を置くバイオ医薬品メーカーであり、新型コロナウイルス感染症ワクチンを開発する企業だ。日本においても武田薬品工業株式会社がモデルナの同ワクチンの製造販売承認取得後に2021年前半から5,000万回接種分を国内において順次供給予定であることを発表している

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ