LayerX研究開発チームのスケーラビリティ改善についての論文が国際会議にて採択

LayerX研究開発チームのスケーラビリティ改善についての論文が国際会議にて採択

株式会社LayerXの研究開発チームの論文が、2月14日にマレーシアで行われた国際会議「4th Workshop on Trusted Smart Contracts」に採択され、同会議にて発表を行ったことを2月27日同社プレスリリースにて発表された。

国際会議「Workshop on Trusted Smart Contracts」は、スマートコントラクトに関する技術的な課題・解決策や将来像を議論するための学際的ワークショップであり、例年ブロックチェーン関連ではもっとも論文数が多く、質の高い国際学会の一つであるFinancial Cryptography and Data Securityと併催されているとのこと。

今回同社が発表を行った同論文『Load Balancing for Sharded Blockchains』では、シャーディングによるスケーラビリティ改善の幅をさらに広げるべく、プロトコルによりアカウントの配置を自動で調整する、「ロードバランシング」のプロトコルを提案、実験により評価を行ったとのこと。

LayerX社の研究開発チームではブロックチェーンのセキュリティ、スケーラビリティの技術的課題解決に取り組んでおり、今回の研究は同社リードリサーチャーである岡南直哉氏と中村龍矢氏が中心となって実施し、同会議では中村氏が発表した。

今回の発表について岡南直哉氏は「本研究は、シャーディングに現れる好ましくない現象を緩和する解決策を提案しています。この解決策の構築には、私の強みであるアルゴリズムや最適化のバックグラウンドを活かせました。シャーディングには、まだまだ解決すべき様々な課題が存在しており、今後もそれら研究を通してブロックチェーンの技術発展の一翼を担いたいです(一部略)」とコメント。

同じく中村龍矢氏は「シャーディングはスケーラブルなブロックチェーンを作る上で期待のできる手法であり、Ethereumでも導入が目前に迫っていますが、まだ実際に本番稼働している訳ではなく、検証すべきこと・改善しうる部分がたくさんあります。今回発表したロードバランシングをはじめ、今後も色々な切り口からシャーディング技術の発展に貢献できればと思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

今回のニュースを理解するうえで、用語の確認をしておきます。
ケーラビリティとは、システムが有する拡張性の事をいいます。 ビットコインやイーサリアムブロックチェーンなどでは、ブロックの中に書き込める取引データの量(トランザクション)が限られていることで引き起こす問題があり、主に(ノード数増加によるスケーラビリティ問題もある為)これをスケーラビリティ問題といいます。
そのブロックチェーンの利用者が増えれば増えるほどトランザクションの処理能力が低下し、送金の遅延や送金要求も承認されず、次回以降のブロック生成時に記録されるまで処理されず、その間放置され遅延等の事態が発生する問題のことです。特にパブリック型ブロックチェーンではユーザー数や取引量を制限する仕組みがないため、取引需要が高まるにつれ処理遅延を引き起こすようになりました。また、ユーザーが自らの取引を優先的にブロックに記録させるため検証参加者(ノード)に支払う手数料を引き上げ、その結果、取引手数料が上昇するという副次的な問題も発生しています。 スケーラビリティ問題の対応策として、オフチェーン処理、ブロックサイズ拡大、サイドチェーン利用による機能拡張、合意形成アルゴリズムの変更などがあります。

シャーディングとは、スケーラビリティ問題の解決策の一つです。ブロックチェーンを分割して複数のチェーンにより構成する手法のことで、ノードが役割分担をして並列的にトランザクションの処理をします。アカデミア・産業界共に注目されており、Ethereumコミュニティでは導入に向け研究開発が進められています。
プロトコルとは、コンピューター同士が通信をする際の手順や規約などの約束事のことです。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:nisaul-khoiriyah)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コンセンシスが香港の中央銀行デジタル通貨プロジェクトメンバーに、アントGがBC利用の国際貿易プラットフォームTruspleローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーン開発企業コンセンシスらが香港金融管理局主導の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトのメンバーに、アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ、オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表、スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

分散型パブリックブロックチェーンプラットフォーム「オントロジー(Ontology)」が独自動車大手「ダイムラー(Daimler Mobility AG)」のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」と提携したことを9月24日発表した。この両社の提携によりドライバーは安全性の高い新しいデジタルドライブサービスを体験することができるようになるとのことだ。

アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイ(Alipay)を運営するアントグループ(Ant Group)が中小企業や銀行向けの国際貿易のための新しいブロックチェーンプラットフォーム「トラスプル(Trusple)」を9月25日に発表した。トラスプルはBNPパリバ(BNP Paribas)、シティバンク(Citi Bank)、DBS銀行(DBS Bank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)と既に提携している。

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。