LayerX研究開発チームのスケーラビリティ改善についての論文が国際会議にて採択

LayerX研究開発チームのスケーラビリティ改善についての論文が国際会議にて採択

株式会社LayerXの研究開発チームの論文が、2月14日にマレーシアで行われた国際会議「4th Workshop on Trusted Smart Contracts」に採択され、同会議にて発表を行ったことを2月27日同社プレスリリースにて発表された。

国際会議「Workshop on Trusted Smart Contracts」は、スマートコントラクトに関する技術的な課題・解決策や将来像を議論するための学際的ワークショップであり、例年ブロックチェーン関連ではもっとも論文数が多く、質の高い国際学会の一つであるFinancial Cryptography and Data Securityと併催されているとのこと。

今回同社が発表を行った同論文『Load Balancing for Sharded Blockchains』では、シャーディングによるスケーラビリティ改善の幅をさらに広げるべく、プロトコルによりアカウントの配置を自動で調整する、「ロードバランシング」のプロトコルを提案、実験により評価を行ったとのこと。

LayerX社の研究開発チームではブロックチェーンのセキュリティ、スケーラビリティの技術的課題解決に取り組んでおり、今回の研究は同社リードリサーチャーである岡南直哉氏と中村龍矢氏が中心となって実施し、同会議では中村氏が発表した。

今回の発表について岡南直哉氏は「本研究は、シャーディングに現れる好ましくない現象を緩和する解決策を提案しています。この解決策の構築には、私の強みであるアルゴリズムや最適化のバックグラウンドを活かせました。シャーディングには、まだまだ解決すべき様々な課題が存在しており、今後もそれら研究を通してブロックチェーンの技術発展の一翼を担いたいです(一部略)」とコメント。

同じく中村龍矢氏は「シャーディングはスケーラブルなブロックチェーンを作る上で期待のできる手法であり、Ethereumでも導入が目前に迫っていますが、まだ実際に本番稼働している訳ではなく、検証すべきこと・改善しうる部分がたくさんあります。今回発表したロードバランシングをはじめ、今後も色々な切り口からシャーディング技術の発展に貢献できればと思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

今回のニュースを理解するうえで、用語の確認をしておきます。
ケーラビリティとは、システムが有する拡張性の事をいいます。 ビットコインやイーサリアムブロックチェーンなどでは、ブロックの中に書き込める取引データの量(トランザクション)が限られていることで引き起こす問題があり、主に(ノード数増加によるスケーラビリティ問題もある為)これをスケーラビリティ問題といいます。
そのブロックチェーンの利用者が増えれば増えるほどトランザクションの処理能力が低下し、送金の遅延や送金要求も承認されず、次回以降のブロック生成時に記録されるまで処理されず、その間放置され遅延等の事態が発生する問題のことです。特にパブリック型ブロックチェーンではユーザー数や取引量を制限する仕組みがないため、取引需要が高まるにつれ処理遅延を引き起こすようになりました。また、ユーザーが自らの取引を優先的にブロックに記録させるため検証参加者(ノード)に支払う手数料を引き上げ、その結果、取引手数料が上昇するという副次的な問題も発生しています。 スケーラビリティ問題の対応策として、オフチェーン処理、ブロックサイズ拡大、サイドチェーン利用による機能拡張、合意形成アルゴリズムの変更などがあります。

シャーディングとは、スケーラビリティ問題の解決策の一つです。ブロックチェーンを分割して複数のチェーンにより構成する手法のことで、ノードが役割分担をして並列的にトランザクションの処理をします。アカデミア・産業界共に注目されており、Ethereumコミュニティでは導入に向け研究開発が進められています。
プロトコルとは、コンピューター同士が通信をする際の手順や規約などの約束事のことです。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:nisaul-khoiriyah)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米議事堂襲撃事件/過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か、ジェミナイがビットコインのリワードを搭載のクレジットカード発売などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米議事堂襲撃事件、過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か(ブロックチェーン分析企業チェイナリシスのレポート)、米暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載した「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」を発売することを発表、英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知、米連邦準備制度理事会(FRB)議長が「CBDC(中銀デジタル通貨)は慎重に検討」「ステーブルコインの規制は優先度が高い」と発言、暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)がデジタル資産上場プロセス合理化のための新サービス発表、LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

米暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載した「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」の発売することを発表

米暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンを運営するジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載したクレジットカード「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」の発売を1月14日に発表した

英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知

オンライントレードプラットフォーム提供の英イートロ(eToro)が、同社のユーザーに対し「今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する必要があるかもしれない」とメールにて通知を行ったことが1月14日ブルームバーグの報道で明らかになった

LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

株式会社LayerXが同社独自のブロックチェーン基盤分析フレームワークである「LayerX Enterprise blockchain Analysis Framework(LEAF:リーフ)」において、エンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート「プライバシー編」を公開したことを1月14日発表した

欧州中央銀行総裁がG7G20規模でビットコイン規制要求、グレースケールがXRP投資信託を廃止、金融庁が「リップルは資金決済法で暗号資産」などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行ラガルド総裁がG7、G20規模でのビットコインへの規制を要求、米資産運用会社グレースケール(Glayscale)がリップル(XRP)訴訟問題を受けXRP投資信託の廃止決定、日本の金融庁「リップル(XRP)は資金決済法で暗号資産である(有価証券ではない)」と米国メディアTHE BLOCKへ回答、米デジタル資産カストディ企業アンカレッジが初の連邦認可のデジタルバンクへ、米ウェブインフラ企業クラウドフレアー(Cloudflare)がENSとパートナーシップ締結、企業間情報連携推進コンソーシアム「NEXCHAIN(ネクスチェーン)」が賃貸入居プロセスのワンストップサービス開始