​ブロックチェーンコンテンツ協会が設立宣言を発表

​ブロックチェーンコンテンツ協会が設立宣言を発表

ブロックチェーンコンテンツ協会が設立宣言を発表。同協会の代表は、gumi会長の國光宏尚氏が務める。

現状の協会参加企業は、アクセルマーク株式会社、カレンシーポート株式会社、CryptoGames株式会社、株式会社gumi、スタートバーン株式会社、株式会社スマートアプリ、double jump.tokyo株式会社、トークンポケット株式会社、株式会社博報堂、株式会社フィナンシェとなっている。

協会発足の目的は、ブロックチェーンコンテンツが増加している背景にも関わらず、法律へ十分な知識を持たない企業の参入により、今後ユーザの皆様が安心して利用できる環境を確保できなくなるのではと危惧しており、健全なブロックチェーンコンテンツ業界の発展に努めたいからだ。

ブロックチェーンコンテンツ協会代表 國光宏尚氏は「ユーザが安心してブロックチェーンコンテンツを利用できる環境整備の必要性を感じ、いち早く知識を深め、課題に対応していくための協会を設立いたしました。ブロックチェーンコンテンツ業界の健全な発展のために力を尽くしてまいりますのでどうかご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」とコメントしている。

編集部のコメント

日本経済新聞の報道によると、同協会は8月に一般社団法人化し、業界向けのガイドライン策定に着手していき、関連当局と相談しながら自主規制法人化を目指していくようです。協会団体加盟企業の多くは、すでにブロックチェーンを活用したコンテンツを生み出している企業です。

今後、ブロックチェーン領域への進出を考える大企業のための一助になる協会になるのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Rawpixel)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

double jump.tokyoがMCH Coin上場に向け新会社設立、DBS銀行が企業向けデジタル監査確認ソリューション提供、dYdXが1,000万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」運営のdouble jump.tokyoが「MCH Coin」の取引所上場に向け新会社を設立、シンガポールのDBS銀行が企業向けにデジタル監査確認ソリューションを提供、分散型暗号資産(仮想通貨)取引所(DEX)dYdXがシリーズBラウンドで1,000万ドル(約10億3,000万円)の資金調達、ナスダック上場のオーバーストックがブロックチェーン特化の子会社ファンドを米ペリオン・ベンチャー・パートナーズと統合へ、マイニング大手のビットメイン(Bitmain)の共同創業者であるジハン・ウー(Jihan Wu)氏が会長退任、伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す、日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す

イタリアの大手決済システムプロバイダーSIAがイタリアのブロックチェーンスタートアップ企業ウィズキー(WizKey)と提携し、クレジット商品の取引が可能なプラットフォームの立ち上げを目指すことを1月26日に発表した