オーストラリア政府が「National Blockchain Roadmap」を発表

オーストラリア政府が「National Blockchain Roadmap」を発表した。 

政府は、ブロックチェーンは、合意された一連のルールに従って、コンピューターのネットワーク全体で共有されるトランザクションを記録、検証、および保存するデジタルプラットフォームだ、と説明している。

ブロックチェーンによって、銀行などの中央当局による検証の必要がなくなる。そして 暗号化はトランザクションを安全に保つために使用され、コストはネットワーク参加者間で共有されることにより、すべてのネットワーク参加者がトランザクション履歴を表示および検証でき、他の方法よりもはるかに高いレベルの透明性と監査可能性が実現できると説明している。

今後、オーストラリア政府は「National Blockchain Roadmap Steering Committee」を設置し、業界、研究機関、政府部門とのコラボレーションモデルを確保していく予定だ。

編集部のコメント

このロードマップペーパーでは、ブティックワインプロデューサーのミッチェルワインズとのKPMG Originsのトラックアンドトレースプロジェクトが具体例の1つとして挙げられています。

オーストラリアは世界第5位のワイン生産国です。そして、オーストラリアはワイン生産量の63%を輸出していて、輸出額は合計28億9,000万豪ドル(1豪ドル/73.55円)となっています。

Ledger Insihgtsによると、2017年に世界で食料品とワインの偽造品を防ぐためにかかるコストは、16億8,000万豪ドルでした。そのうちワインは3億300万豪ドルで2番目に大きな構成要素となっています。

あたらしい経済は「それが本当に正しいものなのか?」を認証する上で、ブロックチェーンはかかせないものだと、考えています。

食料品やワインだけでなく、大きな意味でいう物流の領域にブロックチェーンは早々にアダプトしていくと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:stockdevil)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored