GMOコインが「貸仮想通貨」サービスをリニューアル

GMOコインが「貸仮想通貨」サービスをリニューアル

GMOコイン株式会社が、同社運営の仮想通貨取引GMOコインにて、「貸仮想通貨」サービスをリニューアルすることを2月7日プレスリリースにて発表

「貸仮想通貨」サービスは、ユーザーが保有している仮想通貨を同取引所に貸し出すことで、貸し出した仮想通貨の数量に応じた貸借料をユーザーが受け取ることができるサービスだ。

これまで同サービスは、不定期の募集かつ対象の通貨が限られていたが、今後はGMOコインで取り扱いのあるすべての通貨を対象に最短1ヶ月間から貸出できるようにリニューアルされるとのこと。

対象通貨は、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Bitcoin Cash(BCH)、Litecoin(LTC)、Ripple(XRP)、NEM(XEM)、Stellar Lumens(XLM)の8銘柄に対応し、日本円で10万円程度からサービスを利用することができるとのこと。

同サービスには、年率 2%コース(貸出期間1ヶ月)、年率 4%コース(貸出期間3ヶ月)、年率 5%コース(貸出期間6ヶ月)の3コースが用意されている。

貸出開始日は、毎月15日(土日祝の場合は翌営業日)となっており、受付開始日は、毎月15日(土日祝の場合は翌営業日)の6:00より翌月の貸出開始分の受付が開始される。

なお初回の貸出開始分の受付は、2月12日の定期メンテナンス終了後から2月17日6:00までとなっている。

最小貸出数量および貸出最小単位は通貨ごとに異なるため、2月12日に公開予定の詳細ページより確認が必要とのこと。

編集部のコメント

仮想通貨を取引所へ貸すことで利益を得るサービスを「レンディング」とも言います。 日本ではGMOコインの他にもコインチェックとビットバンクが仮想通貨レンディングサービスを提供しています。同サービスは貸出期間が定められていて、その期間中は貸し出した仮想通貨を動かすことはできません。また引き出すことができる取引所でも途中解約手数料が発生します。このようにあくまでも仮想通貨を貸し出すサービスの為、締結される契約は「消費貸借契約」となり、無担保契約となります。そのため万が一取引所が破綻した際は、貸付けた仮想通貨が返還されないなどのリスクを負うことになります。 なお、同サービスによって貸し出された仮想通貨は、取引所を介してレバレッジ取引をするユーザーの資金に充てられるとのことです。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:berya113)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。