DeFiサービスへの預け入れ金額が10億ドルへ

DeFiサービスへの預け入れ金額が10億ドルへ

分散型金融サービス(Defi)への総預入金額が10億ドルを超えたことが、Defi Pulseによって2月7日に明らかになった

預入金額上位3つのDefiサービスは(1)Maker(2)Compound(3)Synthetixとなっている。そして、Makerへの預入金額が全体の約60%を占めている。

ちなみにDeFi Pulseによると、2019年12月31日時点ではロックされた金額は6億7777万ドルであった。つまり、2020年になって急激に預入金額が増加したことが明らかである。

編集部のコメント

金融庁は「分散型金融システムのガバナンスのあり方については、技術コミュニティやアカデミアなどの様々なステークホルダーとの意見交換や議論を深め、新たな国際協調を醸成していくことが不可欠」と、レポート”多様なフィンテックステークホルダーとの対話から見えた0の主要な発見“の中で記載されています。


あたらしい経済編集部としても2020年、ブロックチェーンの大きな潮流はコンソーシアム、ゲーム、分散型金融(Defi)だと考えています。今後、分散型サービスを利用するユーザーが確実に増えていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor)

 

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論