DeFiサービスへの預け入れ金額が10億ドルへ

DeFiサービスへの預け入れ金額が10億ドルへ

分散型金融サービス(Defi)への総預入金額が10億ドルを超えたことが、Defi Pulseによって2月7日に明らかになった

預入金額上位3つのDefiサービスは(1)Maker(2)Compound(3)Synthetixとなっている。そして、Makerへの預入金額が全体の約60%を占めている。

ちなみにDeFi Pulseによると、2019年12月31日時点ではロックされた金額は6億7777万ドルであった。つまり、2020年になって急激に預入金額が増加したことが明らかである。

編集部のコメント

金融庁は「分散型金融システムのガバナンスのあり方については、技術コミュニティやアカデミアなどの様々なステークホルダーとの意見交換や議論を深め、新たな国際協調を醸成していくことが不可欠」と、レポート”多様なフィンテックステークホルダーとの対話から見えた0の主要な発見“の中で記載されています。


あたらしい経済編集部としても2020年、ブロックチェーンの大きな潮流はコンソーシアム、ゲーム、分散型金融(Defi)だと考えています。今後、分散型サービスを利用するユーザーが確実に増えていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:dalebor)

 

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/26話題】dYdXのガバナンストークンがロックアップ期間延長、サークル上場計画の廃止原因はSECかなど(音声ニュース)

dYdX、ガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間延長、USDC発行サークルの上場計画、廃止原因はSECか=報道、ENS DAOが寄付ファンド検討か、Karpatke提案=報道、アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望、ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達、スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供、米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設、米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

Sponsored

ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達

ビットコインインフラ開発のブロックストリーム(Blockstream)が、転換社債と担保付き融資での1億2,500万ドル(約161億円)の資金調達を1月24日に発表した。この調達は、キングスウェイキャピタルが転換社債での調達を主導し、フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)なども参加したという。