セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

スマートコントラクト言語「DAML」を開発しているDigital Asset社が、SalesForce Ventures、Saumsung Venture Investment Corpが参画した2度目のシリーズCラウンドを終えたことを発表した。

そして、同時にDigital AssetのアドバイザーのSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏の取締役就任を発表した。彼女は、Microsoftでワールドワイドエンタープライズ&コーポレートバイスプレジデントを務め、様々な業界とのパートナーシップ締結を担当してきた人物だ。

この資金調達の目的は、複数の業界でのDAML言語の採用とパートナー企業とプロダクトの質や量を高め、DAML開発者のデベロッパーエクスペリエンスを向上させることだ。

Digital AssetのFounderでCEOのYuval Rooz(ユバル・ルーズ)氏は「Salesforce VenturesとSamsungがシリーズCの資金調達ラウンドに参加したことによって、テックジャイアント企業がDAMLをスマートコントラクトの標準として見ている可能性を示せたと思います。そして、 スーザンハウザー氏を取締役に任命することで、我々のビジョンを実現できるようになるでしょう」とコメント。

Digital Assetの取締役に就任したSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏は「Digital Assetのアドバイザーとして働いている間、すぐにスマートコントラクトが様々な業界にとって、いかに重要なテクノロジーであるかを学びました。近い将来、スマートコントラクト(およびDAMLなどの言語)がどんどん採用されていくでしょう。私はこれまでMicrosoftで培ってきた専門知識を共有していき、同社が市場参入活動を拡大し、DAML言語で業界全体を変革し、企業同士の信用設計を必要としない状態で、イノベーションを提供できるようにDigital Assetを支援することを楽しみにしています」とコメント。

編集部のコメント

Digital Assetのビジネスモデルは、様々なテクノロジープロバイダーと提携して、DAML言語のプロダクトを提供することです。現在明らかになっている提携先は、Hyperledger Sawtooth、Hyperledger Fabric、Corda、AmazonのQLDB、クラウドAuroraデータベース、VMware Blockchain、Google Cloudとなっています。

そしてSalesforceに関しては、DAMLが2019年にオープンソース化された直後にDAMLをサポートしているプラットフォームの1つであるHyperledger Sawtoothを基盤にして独自のブロックチェーンソリューションを開発したことが明らかになっています。

このように、様々なテックジャイアントがDAMLに関心を持ち、取り入れようとしている姿勢は見えます。しかし、現状はBtoB領域で、DAMLとSolidityの違いなどについて、明確にまだ伝えられていないと思います。しっかりとアーキテクチャの違いを、あたらしい経済編集部でも取り上げていけたらと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:kingwin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

S&Pダウ・ジョーンズが暗号資産インデックスソリューションを21年に提供開始、米下院にてステーブル法案提出、SBIがBOOSTRYへ資本参加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ、米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出、リスクストリーム(RiskStream)がブロックチェーンを利用した生命保険による死亡通知の概念実証を完了、SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結、ふるさと納税でビットコイン。ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービス経由の「ふるさと納税」の利用が昨年対比2倍に伸長、【取材レポ】電子投票の「ファーストペンギン」を目指す。石川県加賀市がxID、LayerXと市政デジタル化を目指し連携協定

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。