セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

スマートコントラクト言語「DAML」を開発しているDigital Asset社が、SalesForce Ventures、Saumsung Venture Investment Corpが参画した2度目のシリーズCラウンドを終えたことを発表した。

そして、同時にDigital AssetのアドバイザーのSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏の取締役就任を発表した。彼女は、Microsoftでワールドワイドエンタープライズ&コーポレートバイスプレジデントを務め、様々な業界とのパートナーシップ締結を担当してきた人物だ。

この資金調達の目的は、複数の業界でのDAML言語の採用とパートナー企業とプロダクトの質や量を高め、DAML開発者のデベロッパーエクスペリエンスを向上させることだ。

Digital AssetのFounderでCEOのYuval Rooz(ユバル・ルーズ)氏は「Salesforce VenturesとSamsungがシリーズCの資金調達ラウンドに参加したことによって、テックジャイアント企業がDAMLをスマートコントラクトの標準として見ている可能性を示せたと思います。そして、 スーザンハウザー氏を取締役に任命することで、我々のビジョンを実現できるようになるでしょう」とコメント。

Digital Assetの取締役に就任したSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏は「Digital Assetのアドバイザーとして働いている間、すぐにスマートコントラクトが様々な業界にとって、いかに重要なテクノロジーであるかを学びました。近い将来、スマートコントラクト(およびDAMLなどの言語)がどんどん採用されていくでしょう。私はこれまでMicrosoftで培ってきた専門知識を共有していき、同社が市場参入活動を拡大し、DAML言語で業界全体を変革し、企業同士の信用設計を必要としない状態で、イノベーションを提供できるようにDigital Assetを支援することを楽しみにしています」とコメント。

編集部のコメント

Digital Assetのビジネスモデルは、様々なテクノロジープロバイダーと提携して、DAML言語のプロダクトを提供することです。現在明らかになっている提携先は、Hyperledger Sawtooth、Hyperledger Fabric、Corda、AmazonのQLDB、クラウドAuroraデータベース、VMware Blockchain、Google Cloudとなっています。

そしてSalesforceに関しては、DAMLが2019年にオープンソース化された直後にDAMLをサポートしているプラットフォームの1つであるHyperledger Sawtoothを基盤にして独自のブロックチェーンソリューションを開発したことが明らかになっています。

このように、様々なテックジャイアントがDAMLに関心を持ち、取り入れようとしている姿勢は見えます。しかし、現状はBtoB領域で、DAMLとSolidityの違いなどについて、明確にまだ伝えられていないと思います。しっかりとアーキテクチャの違いを、あたらしい経済編集部でも取り上げていけたらと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:kingwin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米スクエアのビットコイン売上が前年比11倍、BABYMETALのNFTが即完売などのニュース解説ラジオ

米スクエアの2021年Q1ビットコイン売上は約3,800億円、前年比11倍に、ノキア(Nokia)、ブロックチェーン基盤のデータマーケットプレイスをローンチ、BABYMETALのNFTトレカ、数分で即完売、Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定、Internet Computer(ICP)、コインベースプロにて上場予定、保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル、JCBA、「暗号資産のユースケースに係るディスカッションペーパー 中間報告書」を公表、日本セキュリティトークン協会、オンラインセミナー「はじめてのセキュリティトークン」を5月27日開催

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと