セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

スマートコントラクト言語「DAML」を開発しているDigital Asset社が、SalesForce Ventures、Saumsung Venture Investment Corpが参画した2度目のシリーズCラウンドを終えたことを発表した。

そして、同時にDigital AssetのアドバイザーのSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏の取締役就任を発表した。彼女は、Microsoftでワールドワイドエンタープライズ&コーポレートバイスプレジデントを務め、様々な業界とのパートナーシップ締結を担当してきた人物だ。

この資金調達の目的は、複数の業界でのDAML言語の採用とパートナー企業とプロダクトの質や量を高め、DAML開発者のデベロッパーエクスペリエンスを向上させることだ。

Digital AssetのFounderでCEOのYuval Rooz(ユバル・ルーズ)氏は「Salesforce VenturesとSamsungがシリーズCの資金調達ラウンドに参加したことによって、テックジャイアント企業がDAMLをスマートコントラクトの標準として見ている可能性を示せたと思います。そして、 スーザンハウザー氏を取締役に任命することで、我々のビジョンを実現できるようになるでしょう」とコメント。

Digital Assetの取締役に就任したSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏は「Digital Assetのアドバイザーとして働いている間、すぐにスマートコントラクトが様々な業界にとって、いかに重要なテクノロジーであるかを学びました。近い将来、スマートコントラクト(およびDAMLなどの言語)がどんどん採用されていくでしょう。私はこれまでMicrosoftで培ってきた専門知識を共有していき、同社が市場参入活動を拡大し、DAML言語で業界全体を変革し、企業同士の信用設計を必要としない状態で、イノベーションを提供できるようにDigital Assetを支援することを楽しみにしています」とコメント。

編集部のコメント

Digital Assetのビジネスモデルは、様々なテクノロジープロバイダーと提携して、DAML言語のプロダクトを提供することです。現在明らかになっている提携先は、Hyperledger Sawtooth、Hyperledger Fabric、Corda、AmazonのQLDB、クラウドAuroraデータベース、VMware Blockchain、Google Cloudとなっています。

そしてSalesforceに関しては、DAMLが2019年にオープンソース化された直後にDAMLをサポートしているプラットフォームの1つであるHyperledger Sawtoothを基盤にして独自のブロックチェーンソリューションを開発したことが明らかになっています。

このように、様々なテックジャイアントがDAMLに関心を持ち、取り入れようとしている姿勢は見えます。しかし、現状はBtoB領域で、DAMLとSolidityの違いなどについて、明確にまだ伝えられていないと思います。しっかりとアーキテクチャの違いを、あたらしい経済編集部でも取り上げていけたらと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:kingwin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。