セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

セールスフォースやサムスンがスマートコントラクト言語開発企業「Digital Asset」のシリーズCラウンドに参画

スマートコントラクト言語「DAML」を開発しているDigital Asset社が、SalesForce Ventures、Saumsung Venture Investment Corpが参画した2度目のシリーズCラウンドを終えたことを発表した。

そして、同時にDigital AssetのアドバイザーのSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏の取締役就任を発表した。彼女は、Microsoftでワールドワイドエンタープライズ&コーポレートバイスプレジデントを務め、様々な業界とのパートナーシップ締結を担当してきた人物だ。

この資金調達の目的は、複数の業界でのDAML言語の採用とパートナー企業とプロダクトの質や量を高め、DAML開発者のデベロッパーエクスペリエンスを向上させることだ。

Digital AssetのFounderでCEOのYuval Rooz(ユバル・ルーズ)氏は「Salesforce VenturesとSamsungがシリーズCの資金調達ラウンドに参加したことによって、テックジャイアント企業がDAMLをスマートコントラクトの標準として見ている可能性を示せたと思います。そして、 スーザンハウザー氏を取締役に任命することで、我々のビジョンを実現できるようになるでしょう」とコメント。

Digital Assetの取締役に就任したSusan Hauser(スーザン・ハウサー)氏は「Digital Assetのアドバイザーとして働いている間、すぐにスマートコントラクトが様々な業界にとって、いかに重要なテクノロジーであるかを学びました。近い将来、スマートコントラクト(およびDAMLなどの言語)がどんどん採用されていくでしょう。私はこれまでMicrosoftで培ってきた専門知識を共有していき、同社が市場参入活動を拡大し、DAML言語で業界全体を変革し、企業同士の信用設計を必要としない状態で、イノベーションを提供できるようにDigital Assetを支援することを楽しみにしています」とコメント。

編集部のコメント

Digital Assetのビジネスモデルは、様々なテクノロジープロバイダーと提携して、DAML言語のプロダクトを提供することです。現在明らかになっている提携先は、Hyperledger Sawtooth、Hyperledger Fabric、Corda、AmazonのQLDB、クラウドAuroraデータベース、VMware Blockchain、Google Cloudとなっています。

そしてSalesforceに関しては、DAMLが2019年にオープンソース化された直後にDAMLをサポートしているプラットフォームの1つであるHyperledger Sawtoothを基盤にして独自のブロックチェーンソリューションを開発したことが明らかになっています。

このように、様々なテックジャイアントがDAMLに関心を持ち、取り入れようとしている姿勢は見えます。しかし、現状はBtoB領域で、DAMLとSolidityの違いなどについて、明確にまだ伝えられていないと思います。しっかりとアーキテクチャの違いを、あたらしい経済編集部でも取り上げていけたらと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:kingwin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も