コンセンシスが組織再編成のため従業員14%をレイオフ

コンセンシスが組織再編成のため従業員14%をレイオフ

ブロックチェーン企業コンセンシス(Consensys)が企業の再編成の一環として、ソフトウェア部門と投資部門の2部門に分けて運営して行く方針と、従業員を14%レイオフする方針を発表した

再編成の目的は、ソフトウェア開発のニーズに合わせてチームを設計する必要があったからだ。なお、レイオフ対象となる人数や現状の従業員数については具体的にはまだ発表されていない。

ソフトウェア部門には、Infura、PegaSys、MetaMask、Codefiなどスタックされたモジュールように最適化されたソフトウェアビジネスを展開していくプロダクトが含まれている。投資部門はConsenSys Investmentsと呼ばれ、ブロックチェーン業界をリードする企業の今のポートフォーリオをサポートしながら、プロトコル、インフラストラクチャ、アプリケーション、ビジネスレイヤーなどで良い企業に投資することを目論んでいる。

ConsenSysは、クライアントワークと投資活動の両方を通じて、パブリックチェーン、組織、企業の展開など全体にわたって、Ethereumエコシステムをサポートすることに引き続きコミットしていくようだ。

編集部のコメント

ConsenSysは今後数か月で、ベンチャープロダクションモデルからの移行を完了させ、多くの内部資金プロジェクトをConsenSys Investmentsポートフォリオにスピンアウトすることも考えているようです。

そしてConsenSys Digital Securitiesは同日の2月4日に、アメリカ証券取引委員会(SEC)に登録されているブローカーディーラであるHeritage社を買収したことも発表しています。

今までのConsenSysであれば、MetamaskやInfuraのように100%の買収をせずに、社内スタートアップとしてマネージしていたと思います。

しかし方針を変更させたことで、買収という選択をしました。ConsenSysの経営方針が明らかになったことで、ますます業界を盛り上げる動きを仕掛けてくるのではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

Hashpaletteがエンタメ特化BCパレットのテストネットローンチ、ステイクがOKExから資⾦調達、ゴールドマンがビットコイン先物取引など米国で再開かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Hashpaletteがエンタメ特化ブロックチェーン「パレット」のテストネットローンチ、コインチェックがIEO推進に向け参画、ハッシュポートが東京大学エッジキャピタルパートナーズとセレスより3.5億円の資金調達、【取材】プラズムネットワーク(Plasm Network)のステイクが暗号資産取引所「OKEx」から資⾦調達(ステイクテクノロジーズ CEO 渡辺創太氏)、スマートアプリが国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスリリースへ、ゴールドマン・サックスがビットコイン先物取引などをアメリカで再開か、ビットコインは国際貿易通貨になるか、米シティバンクがレポート公開、マイクロストラテジーが追加で326BTCを約16億円で購入、保有ビットコインは90,859BTCに、ニューヨーク在住者がコインベースで13種類のDeFiトークンを利用可能に、米スクエアがデジタル銀行子会社の営業開始、女性経営者企業などにさらなる金融機会を、【取材】LayerXが元DMM CTO松本勇気氏を代表取締役CTOに選任(取締役 榎本悠介氏、代表取締役CTO松本勇気氏)

Hashpaletteがエンタメ特化ブロックチェーン「パレット」のテストネットローンチ、コインチェックがIEO推進に向け参画

株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)がエンターテイメント領域に特化したブロックチェーンネットワーク「パレット (Palette) 」のテストネットの運用を正式に開始したことを3月2日発表した。 パレットはマンガ・アニメ、スポーツ、音楽をはじめとする日本発のコンテンツを通じたグローバル発信の強化のためのコンソーシアム型のブロックチェーンプラットフォームであり、NFT(ノンファンジブルトークン)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワークとのことだ。このプラットフォームにて発行されるパレットトークンは暗号資産(仮想通貨)取引サービスである「Coincheck」にて販売を行う予定である

米スクエアがデジタル銀行子会社の営業開始、女性経営者企業などにさらなる金融機会を

米決済企業大手スクエア(Square)のデジタル銀行子会社のスクエア・ファイナンシャル・サービス(Square Financial Services)が、米連邦預金保険公社(FDIC)およびユタ州金融機関局との承認手続きを完了し、3月1日より正式に営業を開始したことを発表した。

ハッシュポートが東京大学エッジキャピタルパートナーズとセレスより3.5億円の資金調達

ブロックチェーン分野のコンサルティングを提供する株式会社HashPort(ハッシュポート)が、株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)の運営するUTEC4号投資事業有限責任組合、及び株式会社セレスを引受先とし、総額約3.5億円の資金調達を実施したことを3月2日発表した。

スマートアプリが国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスリリースへ

デジタルトークン(NFT:ノンファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリが、国内初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」のβサービスを3月15日より開始することを3月2日発表した。

ゴールドマンサックス、ビットコイン先物取引などをアメリカで再開か

ゴールドマン・サックス・グループが暗号資産(仮想通貨)の取引デスクを再開し、来週から顧客向けのビットコイン先物取引とノンデリバラブル・フォワードの取引を開始するとロイター通信が報じた。この件に詳しい関係者がロイター通信に語ったことで明らかになった。