コンセンシスが組織再編成のため従業員14%をレイオフ

コンセンシスが組織再編成のため従業員14%をレイオフ

ブロックチェーン企業コンセンシス(Consensys)が企業の再編成の一環として、ソフトウェア部門と投資部門の2部門に分けて運営して行く方針と、従業員を14%レイオフする方針を発表した

再編成の目的は、ソフトウェア開発のニーズに合わせてチームを設計する必要があったからだ。なお、レイオフ対象となる人数や現状の従業員数については具体的にはまだ発表されていない。

ソフトウェア部門には、Infura、PegaSys、MetaMask、Codefiなどスタックされたモジュールように最適化されたソフトウェアビジネスを展開していくプロダクトが含まれている。投資部門はConsenSys Investmentsと呼ばれ、ブロックチェーン業界をリードする企業の今のポートフォーリオをサポートしながら、プロトコル、インフラストラクチャ、アプリケーション、ビジネスレイヤーなどで良い企業に投資することを目論んでいる。

ConsenSysは、クライアントワークと投資活動の両方を通じて、パブリックチェーン、組織、企業の展開など全体にわたって、Ethereumエコシステムをサポートすることに引き続きコミットしていくようだ。

編集部のコメント

ConsenSysは今後数か月で、ベンチャープロダクションモデルからの移行を完了させ、多くの内部資金プロジェクトをConsenSys Investmentsポートフォリオにスピンアウトすることも考えているようです。

そしてConsenSys Digital Securitiesは同日の2月4日に、アメリカ証券取引委員会(SEC)に登録されているブローカーディーラであるHeritage社を買収したことも発表しています。

今までのConsenSysであれば、MetamaskやInfuraのように100%の買収をせずに、社内スタートアップとしてマネージしていたと思います。

しかし方針を変更させたことで、買収という選択をしました。ConsenSysの経営方針が明らかになったことで、ますます業界を盛り上げる動きを仕掛けてくるのではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。