コンセンシスが組織再編成のため従業員14%をレイオフ

コンセンシスが組織再編成のため従業員14%をレイオフ

ブロックチェーン企業コンセンシス(Consensys)が企業の再編成の一環として、ソフトウェア部門と投資部門の2部門に分けて運営して行く方針と、従業員を14%レイオフする方針を発表した

再編成の目的は、ソフトウェア開発のニーズに合わせてチームを設計する必要があったからだ。なお、レイオフ対象となる人数や現状の従業員数については具体的にはまだ発表されていない。

ソフトウェア部門には、Infura、PegaSys、MetaMask、Codefiなどスタックされたモジュールように最適化されたソフトウェアビジネスを展開していくプロダクトが含まれている。投資部門はConsenSys Investmentsと呼ばれ、ブロックチェーン業界をリードする企業の今のポートフォーリオをサポートしながら、プロトコル、インフラストラクチャ、アプリケーション、ビジネスレイヤーなどで良い企業に投資することを目論んでいる。

ConsenSysは、クライアントワークと投資活動の両方を通じて、パブリックチェーン、組織、企業の展開など全体にわたって、Ethereumエコシステムをサポートすることに引き続きコミットしていくようだ。

編集部のコメント

ConsenSysは今後数か月で、ベンチャープロダクションモデルからの移行を完了させ、多くの内部資金プロジェクトをConsenSys Investmentsポートフォリオにスピンアウトすることも考えているようです。

そしてConsenSys Digital Securitiesは同日の2月4日に、アメリカ証券取引委員会(SEC)に登録されているブローカーディーラであるHeritage社を買収したことも発表しています。

今までのConsenSysであれば、MetamaskやInfuraのように100%の買収をせずに、社内スタートアップとしてマネージしていたと思います。

しかし方針を変更させたことで、買収という選択をしました。ConsenSysの経営方針が明らかになったことで、ますます業界を盛り上げる動きを仕掛けてくるのではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored