OmiseGo運営の仮想通貨取引所Go.Exchangeが3月15日でサービス終了

OmiseGo運営の仮想通貨取引所Go.Exchangeが3月15日でサービス終了

Omise Holdings Pte.Ltdが運営をする仮想通貨取引所「Go.Exchange」が、3月15日にサービス終了することを同取引所の公式mediumにて1月30日発表。

同発表によると、1月30日より出金以外のサービスは停止しており、サービス終了の3月15日までに同取引所の資産を引き出すようユーザーへ勧告している。

同取引所は、仮想通貨規制の複雑さの増加と不確実性などがサービス終了への判断に至ったとしている。

また同取引所は、昨年12月にマルタ共和国で事業ライセンス取得に向け申請の準備をしていたが、規制の費用対効果などコストを考慮した結果サービス終了の判断に至ったとも説明をした。

編集部のコメント

Omise Holdings Pte.Ltdは、決済プラットフォーム「Omise」を提供し、仮想通貨OmiseGO(OMG)を発行する企業で、長谷川潤氏がCEOを務め、タイ、日本、インドネシア、マレーシア、シンガポールに拠点を持っています。
OmiseGOは、「イーサリアム(ETH)のプラットフォームを利用した、東南アジア全域で決済可能な仮想通貨」として2017年7月に公開され、アドバイザーにはイーサリアム(ETH)を考案したVitalik Buterin(ヴィタリック ブテリン)氏も参画しています。また野村HDや三井住友フィナンシャル・グループ、三井不動産株式会社やアユタヤ銀行などが同社へ出資しています。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/13話題】バイナンスのLUNA現物取引ペアがBUSDのみに、BTCとETH担保で個人向け不動産ローンなど(音声ニュース)

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応、国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供、SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も、チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に、NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ、FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇、キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い、三井住友銀行、ブロックチェーン活用「Carbonplace」に参画、EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース、OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

Sponsored