LibraのMarcus氏が中央銀行デジタル通貨、Libraについて言及

LibraのMarcus氏が中央銀行デジタル通貨、Libraについて言及

Libraプロジェクトを率いるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が、World Economic Forum(世界経済フォーラム)の digital currency panel(デジタルカレンシーパネル)でデジタル通貨に対する持論を展開。その内容を「Ledger Insights」が報じている。

Marcus(マーカス氏)は、GmailとYahoo Mailの送受信を具体例としてあげ、現在のウォレットアプリの相互運用性の低さについて言及。マルカス氏は「 現在、特定のウォレットアプリを使用している場合、同じウォレットアプリ以外でペイメントトランザクションを送信することはできません」とコメント。

そして、マーカス氏はCBDCを含むデジタル通貨に関して言及。マーカス氏は「重要なのは、多くの人がステーブルコインまたはCBDC(中央銀行のデジタル通貨)をホストするための適切なネットワークを把握することです。今のネットワークをブロックチェーンに変更することは、現状の課題を解決するための技術的ソリューションだと思います。 そして、ネットワークとネットワーク上で実行されている資産を実際に区別して考えるべきです。ステーブルコインは、中央銀行、民間セクター含めて多くの異なるエンティティによって発行されると思います」とコメント。

編集部のコメント

中央銀行が発行するステーブルコイン(CBDC)とLibraの大きな違いは、ノードの数です。ノードはネットワークの政治が主な役割です。CBDCでは、ノードは中央銀行のみになるでしょう。

Libraの場合は、リブラアソシエーションに参加する企業が、ノードとなります。しかし、Libraアソシエーションに参加表明をしたのち、脱退を選択している企業も増えています。具体的には、Visa、Mastercard、Stripe、eBay、Mercado Pago、Voderfone、PayPalが脱退を表明しています。

これから、Libraはどのように巻き込む企業を増やしていくのか。そして、世界中の国家とLibraがどのように対峙していくのか、非常に注目だと、あたらしい経済編集部は考えます。いずれにせよ、Libraというプロダクトが世界各国の中央銀行を大きく動かしたのは間違いありません。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored