BIS(国際決済銀行)が中央銀行デジタル通貨に関する論文を発表

BIS(国際決済銀行)が中央銀行デジタル通貨に関する論文を発表

BIS(国際決済銀行)がCBDC(中央銀行デジタル通貨)に関する調査レポート「a sequel to the survey on central bank digital currency」を発表した。

世界約66の中央銀行が調査に回答。21の先進国と45の新興国に区分され、世界人口の75%と経済生産の90%をカバーした調査となった。

この調査では、お金の4つの特性について区分をされている。その4つとは、1発行者、2フォーム(デジタルか物理的か)、3アクセシビリティ(自国のみかグローバルか)、4テクノロジー(ピアトゥーピアかアカウントベースか)となっている。

そして調査によって、新興市場経済(EME)がCBDCの発行に対して、より強いモチベーションを持ち、発行可能性が高いことが明らかになった。

編集部のコメント

この調査レポートに関して、補足をしていきます。

  https://www.bis.org/publ/bppdf/bispap107.pdf

調査レポートによると、2018年と2019年でPoCとパイロット版開発の数値が減っていて、CBDC発行を検討し働きかけている国の数が増えていることが明らかになっています。つまり、多くの国がPoCとパイロット版開発のフェーズを終えて、実装段階へ移行していることが明らかです。

https://www.bis.org/publ/bppdf/bispap107.pdf

そして、新興国がCBDCを発行する理由は、金融包摂と国内の銀行間送金のようなホールセールの課題を解決するためだということも明らかになっています。

あたらしい経済編集部は、新興国が先駆けてCBDCを発行し、その事例をもとに先進国が発行することで、CBDCのグローバルなネットワークが構築されるのではないかと考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia-Filimonova )

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored