アプトス、キーレスウォレット「Aptos Connect」リリース

アプトスがキーレスウォレットをリリース

レイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」を開発する「アプトスラボ(Aptos Labs)」が、キーレスかつwebベースのweb3ウォレット「アプトスコネクト(Aptos Connect)」のリリースを7月4日に発表した。

「アプトスラボ」によると、「アプトスコネクト」はGoogleやAppleなどのソーシャルアカウントでのログインが可能で、ダウンロードせず利用できるとのこと。これまでのweb3ウォレットで必要だった秘密鍵やニーモニックフレーズが必要なくなるため、ユーザー体験の向上が実現されている。

また同ウォレットでは、ゼロ知識証明の利用により、トランザクション署名がブロックチェーンアドレス内のメールおよびアプリIDとの一致を検証する。そのため、ユーザーはブロックチェーン上のアドレスとソーシャルアカウントの情報の連携を公開することなく同ウォレットを使用でき、同ウォレットユーザーのプライバシーが維持されるとのことだ。

ブロックチェーン業界では、ウォレットの秘密鍵管理という独特かつ面倒な作業が問題視されており、この作業のせいでマスアダプションが難しいと言われることも少なくない。

「アプトスコネクト」では、多くの人間が使い慣れたログイン方法であるシングルサインオン(SSO)認証を採用しているため、参入障壁が大きく下がっていると言える。

「アプトスラボ」は今年4月、韓国通信大手のSKテレコム、米マイクロソフト(Microsoft)、投資企業のブレバン・ハワード(Brevan Howard)、米大手コンサルのボストンコンサルティンググループ(Boston Consulting Group:BCG)とのパートナーシップ締結を発表した。

この提携は、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォーム「アプトスアセンド(Aptos Ascend)」の構築に向けて行われた。なおこのプラットフォームにはクラウドコンピューティングプラットフォームの「マイクロソフトアジュール(Microsoft Azure)」と、大規模な言語生成Alモデルを使用できるAlサービス「アジュールオープンAIサービス(Azure OpenAI Service)」が使用される予定とのことだ。

関連ニュース

参考:Aptos Connectウェブサイト
images:iStocks/Who_I_am・Smederevac

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored