ドイツ連邦銀行とドイツ銀行がブロックチェーンによる資産担保に関する共同レポートを発表

ドイツ連邦銀行とドイツ銀行がブロックチェーンによる資産担保に関する共同レポートを発表

ドイツ連邦銀行とドイツ銀行が、資産の担保管理にブロックチェーン、分散型台帳技術(DLT)を使用することに関する共同レポートを、1月23日に発表した。

現在、金融機関は多数の取引で発生する資産を株式または現金の形で提供する必要がある。レポートでは、 DLTを使用することで、資産と株式、現金の担保をより迅速に提供でき、24時間365日利用できるようになると記載している。

ドイツ連邦銀行の執行委員のBurkhard Balz(バークハルト・バルツ)氏は「ドイツ連邦銀行の観点から、担保管理は金融政策の運用管理にとって、非常に重要です。担保管理のためのDLTベースのソリューションは、担保の利用可能性を改善することにより、この分野の効率を向上させる可能性があります」とコメントしている。

編集部のコメント

このレポートでは、証券がデジタル化、トークン化される未来は、それほど遠くないと記載しています。その未来では、秘密鍵を保持する管理者が現在の金融領域における資産管理者の役割を引き受ける可能性があると、あたらしい経済は考えています。かつて欧州では、ECB(欧州中央銀行)が証券決済インフラT2S(TARGET2-Securities)を、各国と連携して開発してきました。次は、ブロックチェーン基盤で証券システムなど国を跨ぐ金融インフラが開発されていくのだと思います。現在は、ちょうどその過渡期なのだと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:stockdevil・antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ」にHashpalette、ピクスタ、PocketRD、Ridgelinezが入会

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)」が同協会に株式会社Hashpalette、ピクスタ株式会社、株式会社PocketRD、Ridgelinez株式会社の4社が、新たにに入会したことを4月20日発表した。今回の新規入会により会員企業は15社に拡大した

日本企業初、DeFiレンディングプロトコル「Compound」よりtechtecがグラント獲得

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、DeFiレンディングプロトコル「Compound(コンパウンド)」の開発を主導するCompound Labsよりグラントを獲得したことを4月20日発表した

カナダでイーサリアムETF承認、中国人民銀行副総裁の発言などなどのニュース解説ラジオ

「ビットコインの役割は投資ツールになることだ」中国人民銀行副総裁の発言、カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認、企業評価額は約8,141億円、Dapper Labsが新たに資金調達か、NFTデータプラットフォームCryptoSlam、著名投資家マーク・キューバン氏などから資金調達、バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン数量が過去最大金額を更新、コインベース、イーサリアム2.0のステーキングサービス開始、【速報】ディーカレットが暗号資産現物取引サービス開始、アフィリエイトプログラムも公開