WEF(世界経済フォーラム)がCBDC開発フレームワーク「CBDC Policy-Maker Toolkit」を発表

WEF(世界経済フォーラム)がCBDC開発フレームワーク「CBDC Policy-Maker Toolkit」を発表

40以上の中央銀行、学術機関、金融機関とWorld Economic Forum(WEF)が連携して、中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発のフレームワーク「CBDC Policy-Maker Toolkit」を発表した。

このフレームワークは、新興国、先進国など様々な規模の国が利用することを想定して、リテール取引、ホールセール取引、クロスボーダー取引やハイブリッド取引など、様々な利用用途に応じたCBDCに関する情報を提供している。

この発表に応じて、バーレーン中央銀行総裁、タイ銀行総裁がコメントをしている。バーレーン中央銀行総裁のラシード・M・アル・マラジ氏は「WEF(世界経済フォーラム)によって開発された”CBDC Policy-Maker Toolkit”を試験的に導入する予定です。 第4次産業革命の変化を学び、成長させ、それに適応する機会になることを願っています」とコメント。

タイ銀行総裁のSantiprabhob(サンティプラブホブ)氏は「このツールキットが、CBDCを展開していくのための実用的なフレームワークとなるだろう」とコメントしている。

編集部のコメント

全世界で中央銀行デジタル通貨に関する調査や開発が進んでいます。1月20日には、OECD(経済協力開発機構)がLibraメンバーを含めた92のブロックチェーン組織「BEPAB」を設立したことを発表しています。WEF(世界経済フォーラム)も40以上の中央銀行、学術機関、金融機関とともに、CBDC開発のフレームワークを発表しました。各国のCBDCヘの取り組みを、共有し、推進できるコミュニティが生まれ続けていることは、非常に良い流れだと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia-Filimonova )

 

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored