web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Ronin Networkで独自L2チェーン構築可能に

web3ゲーム用に設計されたEVM互換のブロックチェーン「ローニンネットワーク(Ronin Network)上で、ゲーム開発者が独自のレイヤー2チェーンの立ち上げが可能になる予定だ。同チェーンの公式ブログより6月18日発表されている。

「ローニンネットワーク」では今後「zkEVM」が実装されるとのこと。これによりゲーム開発者は「ローニンネットワーク」のメインネット上で、「ポリゴンCDK(Polygon Chain Development Kit)」を使用した独自の「zkEVM」L2チェーンが構築できるようになるとのことだ。 

現在「ローニンネットワーク」上にはいくつかゲームが存在しているが、「zkEVM」の導入により1年後にはさらに多くのゲームが増えるとのこと。

またゲーム開発者はチェーンの構築だけでなく、ゲームを含めたdapp(分散型アプリケーション)やトークン設計が可能になるとのことだ。なおチェーン間におけるトークン転送や交換、NFTの取引もできるようになるという。

さらに「ローニンネットワーク」と同チェーン上に構築されたL2チェーン間のインセンティブ調整も可能になるとのこと。

ちなみに「ポリゴンCDK」は、ポリゴン(polygon)ブロックチェーンの開発を主導するポリゴンラボ(Polygon Labs)が提供するオープンソースのブロックチェーン開発キットである。開発者がイーサリアム(Ethereum)上にゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を利用した独自のレイヤー2ブロックチェーン構築を容易にするために開発された。なお今回のように、イーサリアムと互換性のあるブロックチェーンも「ポリゴンCDK」を利用してL2チェーン構築ができる。

そして「ポリゴンCDK」を用いて開発されたブロックチェーンは、今後「ポリゴンCDK」を用いて開発された他のブロックチェーンとシームレスに相互運用可能になるよう計画されている。

ローニンネットワークとは

「ローニンネットワーク」は元々、人気ブロックチェーンゲーム「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」の専用のサイドチェーンだった。同チェーンの開発元は「アクシーインフィニティ」と同じ開発元であるスカイメイビス(Sky Mavis)が主導している。

「ローニンネットワーク」上には、「アクシーインフィニティ」の他、ポリゴンから移行してきたピクセルズ(Pixels)等のブロックチェーンゲームが稼働している。

関連ニュース

参考:ローニンネットワーク
images:iStocks/grandeduc

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道