カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請

北米上場初のソラナETP目指す

カナダの大手デジタル資産運用会社スリーアイキューデジタルアセットマネジメント(3iQ Digital Asset Management)が、ソラナ(SOL)の上場取引型金融商品(ETP)の仮目論見書をオンタリオ証券委員会(OSC)に提出したと6月20日発表した。

発表によれば、3iQは同ETPが北米で上場される初のソラナETPとなることを目指すという。

また同社は、同ETPのクラスAユニットを「QSOL」のティッカーでトロント証券取引所(TSX)に上場することも申請したと併せて報告している。

同ETPは、保管するソラナをステーキングし、株主に報酬を分配する仕組みを採用する。

3iQが「QSOL」の投資マネージャーおよびポートフォリオ・マネージャーを務め、募集エージェントはカナコード・ジェニュイティ(Canaccord Genuity)、カストディアンはテトラ・トラスト(Tetra Trust)とコインベース・カストディ(Coinbase Custody Trust Company, LLC)が務める。

3iQは当局規制に則ったビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)上場ファンドを北米で初めて設定、ビットコインとイーサリアムのETFをトロント証券取引所に上場させており、2023年8月には世界で初めてイーサリアムETFにステーキングの機能を実装した。

マネックスグループは昨年12月、3iQの株式の過半数を取得。今年4月に同社を子会社化するプロセスを完了している。

関連ニュース

参考:発表
images:iStocks/mouu007

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道