独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ

ドイツテレコム子会社がビットコインマイニング

独通信事業者ドイツテレコム(Deutsche Telekom)の子会社であるテレコムMMS(Telekom MMS)が、ビットコイン(Bitcoin)のマイニング事業への参入を計画しているようだ。

このことは6月13日~15日にチェコ・プラハで開催されたカンファレンス「BTC Prague 2024」にて、テレコムMMS(旧:T-Systems MMS)のWeb3 インフラストラクチャ&リューション責任者であるディルク・ローダー(Dirk Röder)氏が14日に登壇した際に明かした内容だ。

ローダー氏によるとドイツテレコムは2023年よりビットコインおよびライトニングネットワークのノードを運営していたと述べ、「ちょっとした秘密ですが、私たちは間もなくデジタル貨幣の光合成を行います。:In, in a little secret, we will engage in digital monetary photosynthesis soon. 」と話し降壇した。

そこで同ステージにてMCを務めていた、ビットコインジャーナリストのジョー・ナカモト(Joe Nakamoto)氏がローダー氏を引き留め、「T-Mobile(同じくドイツテレコムの子会社)はビットコインのマイニングをしているのか」と問いただし、それに対しローダー氏は「その予定だ:We will」と答えている。

テレコムMMSでは昨年5月、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーンのバリデータノード運営を開始している。また同社はポリゴンの他にも、キュー(Q)やフロー(Flow)、セロ(Celo)、チェーンリンク(Chainlink)、ポルカドット(Polkadot)、イーサリアム(Ethereum)といったブロックチェーンについてもバリデータ運営をしている。

関連ニュース

参考:ドイツテレコムドイツテレコム2
images:iStocks/LongQuattro・Samuil_Levich

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道