独通信事業者「ドイツテレコム」子会社、ポリゴン(MATIC)のバリデーターに参画

テレコムMMS、Polygonのバリデータノード運営開始

独通信事業者ドイツテレコム(Deutsche Telekom)の子会社であるテレコムMMS(Telekom MMS)が、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーンのバリデータノード運営の開始を5月31日発表した。

テレコムMMSは検証ノードをポリゴンに拡張し、「ポリゴンPoS(プルーフオブステーク)ネットワーク」と「ポリゴンスーパーネット(Polygon Supernets)」に、ステーキングサービスと検証サービスを提供開始するとのこと。

これによりテレコムMMSはバリデータとして「ポリゴンPoSネットワーク」と、「ポリゴンスーパーネットのアプリ専用チェーン」の保護を支援し、フルノードの実行やブロックの生成、検証とコンセンサスへの参加、ブロックチェーンのセキュリティ・ガバナンス・分散化に貢献するという。

なお「ポリゴンスーパーネット」は、ポリゴンのシステムを用いてサービスに最適なネットワークを各自で作ることが出来る「ポリゴンエッジ(Polygon Edge)」を搭載したサービス。これを利用することでユーザーはコストをかけることなくカスタムネットワークを構築することが出来る。

テレコムMMSによるポリゴンのバリデータノード運営について、ドイツテレコムのブロックチェーンソリューションセンター所長ディルク・レーダー(Dirk Röder)氏は「ポリゴンエコシステムは開発者にとって非常に使いやすく、リソース効率も優れています。これはイーサリアムエコシステムの最高のセキュリティ基準に基づいています」と発表にてコメントしている。

またテレコムMMSによるバリデータノード運営は、ポリゴンの他にキュー(Q)やフロー(Flow)、セロ(Celo)、チェーンリンク(Chainlink)、イーサリアム(Ethereum)もサポートしている。

関連ニュース

参考:Deutsche Telekom
images:iStocks/Aleksandra-Zhilenkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している