コイントレードにポリゴン(MATIC)上場、国内初のステーキング対応も

コイントレードにMATIC上場

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コイントレード(CoinTrade)が、暗号資産ポリゴン(MATIC)の取り扱い開始を6月1日発表した。

同取引所でのMATIC取り扱いは、現物取引およびステーキングサービス「CoinTradeStake(コイントレードステーク)」にて対応するとのこと。なおMATICのステーキングサービスが提供されるのは国内初となるとのこと。

現物取引では日本円との取引ペアがサポートされている。MATICの最小発注数量は1MATIC/回、最大発注数量は10,000MATIC/回で、取引単位は0.0001MATICとなっている。

コイントレードでは今回のMATIC上場で合計13銘柄の暗号資産を取り扱うことになった。現在はMATICの他、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、カルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、ポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)、ヘデラ(HBAR)、アバランチ(AVAX)が取り扱われている。

また「コイントレードステーク」ではMATICの他、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)、テゾス(XTZ)がサポートされている。

なお国内交換業者においてMATICを取り扱うのはビットバンク、ビットフライヤー、SBI VCトレード、ビットポイント、DMM Bitcoin、Zaif(ザイフ)に続き8社目となる。その中で現在MATICのネイティブトークンを取り扱っているのは、SBI VCトレード、ビットポイント、Zaifだ。

「あたらしい経済」編集部は、今回取り扱いを開始したMATICの対応ブロックチェーンをコイントレード運営元のマーキュリーへ確認を取っている。回答が得られ次第、この記事に追記をさせていただく予定だ。

以下2023.6.2 13:30追記

MATIC対応ブロックチェーンについて、マーキュリーより以下の回答が得られた。

「当社での取扱いはERC20のトークンとなります。利用者はETHチェーンアドレスからの入出金のみ反映されます。
ポリゴンネットワーク上で発行されたネイティブトークンの場合は口座に反映されませんので、ご注意ください」

関連ニュース

参考:コイントレード
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催