FRB、シルバーゲート銀行の事業清算計画に実行命令下す

事業清算計画の実行へ

米国連邦準備制度理事会(FRB)が、米シルバーゲート銀行(Silvergate Bank)に対し、預金者を保護しながら資金を保全する形で、事業清算計画を実行するよう命じたと6月1日発表した。

同事業清算計画はシルバーゲート銀行が3月8日に発表していたものだ。計画には顧客預金の全額返済も含まれていた。

今回のFRBによる命令は、シルバーゲート銀行の事業清算計画を正式に決定するもので、規制当局の承認なしに資本を分配したり、現金資産を消散させることを禁じている。

なお命令では、同計画を10日以内にカリフォルニア州の金融規制当局に提出するよう命じている。

シルバーゲート銀行は1月に、大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの破綻にリスクを感じた投資家が2022年10~12月の期間でシルバーゲートから80億ドル(約1.4兆円)以上の預金を引き揚げたと報告。その後同社は第4四半期の純損失として10億ドル(約1309.5億円)を計上した。

またシルバーゲート銀行は、倒産した暗号資産取引所FTXおよびアラメダリサーチ(Alameda Research)との取引に関して、ワシントン連邦検察の調査対象となってることが2月に報道された。

報道によるとFTXの創設者であるサムバンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried:SBF)氏のビジネスに関連する口座およびアカウントをシルバーゲートが提供していたことについて調査されているとのことだった。

その後3月には、親会社のシルバーゲートキャピタル(Silvergate Capital Corporation)が、米証券取引委員会(SEC)へ年次報告書「Form 10-k」の提出を延期したことが起因となり、複数の暗号資産関連企業からの取引停止が相次いだ。

関連ニュース

参考:命令文書
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Fed orders Silvergate to complete wind-down while protecting depositors, preserving cash
Reporting by Pete Schroeder; Editing by Chizu Nomiyama
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ