ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24カ国及び英国に拡大

暗号資産(仮想通貨)決済プロバイダー「ムーンペイ(MoonPay)」が、ペイパル(PayPal)アカウントを通じた暗号資産購入サービスをEU加盟国および英国全域に拡大したことを6月12日発表した。

現在はクロアチア、ハンガリー、アイスランドを除くEU加盟24カ国と英国全域の「ムーンペイ」ユーザーが、ペイパルを通じた暗号資産購入が可能とのこと。

なお現在はこれらの国における「ムーンペイ」ユーザーの1%が同サービスを利用可能で、「ムーンペイ」は今後数週間にわたって利用できるユーザーを増やしていく予定だという。

ちなみに「ムーンペイ」とペイパルは今年5月より提携しており、まずは「ムーンペイ」の米国ユーザーを対象に、ペイパルを通じた暗号資産購入が展開されている。

なおプレスリリースによると平均年齢35歳の米国ユーザーが、「ムーンペイ」におけるペイパルを通じた暗号資産購入を体験しているとのこと。

このサービスは必要な情報を手動で入力することなく、ペイパルアカウントの残高や同アカウントに登録されている銀行口座やデビットカードを利用して、110銘柄以上の暗号資産の購入ができる。

関連ニュース

参考:ムーンペイ
images:iStocks/monkeybusinessimages

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道