Arbitrum、ゲームプロジェクトへの約2億ドルの投資がDAOで承認

Arbitrumがゲームプロジェクトに2億1500万ドル投資へ

イーサリアム(Ethereum)L2ネットワークのアービトラム(Arbitrum)のDAO(自律分散型組織)で、ゲームプロジェクトへの2億1500万ドル(約338億円)相当のARBトークンを投資する提案が6月7日に承認された。

今回承認された提案は、アービトラムおよびオービット(Orbit)、スタイラス(Stylus)の知名度および採用をゲーム分野で拡大させるために行われた。投資は「ゲームカタリストプログラム(GCP: Game Catalyst Program)」と名付けられたプログラムの下、3年間にわたりARBトークンを利用して行われる。

なおこれによって「ゲームカタリストプログラム」に割り当てられるARBトークンの合計は2億2500万ARBである。

3月に初めて発表されたこの提案は、投票ではL2BeatやWintermute、Treasure DAOなどの支持もあり最終的に75パーセント以上の賛成票を得た。しかし、Blockworks ResearchやCamelot DAOは反対票を投じていた。

「ゲームカタリストプログラム」に割り当てられた大部分となる2億ARBは、ゲームプロジェクトのパブリッシャーに割り当てられている。そのうち1.6億ARBは開発者をアービトラムに誘致するために使用され、4000万ARBは開発者に対してインフラを提供するのに使用される。

また残りの2500万ARBはプログラムの運営および管理費用として使用される。これを超える費用がプログラムの運営および管理に必要な場合は、DAOからの承認が必要になるとのことだ。

アービトラムはエコシステムの拡大を目指し、助成金プログラムや投資プログラムの開催によりトークンを配布しており、これによってトークンが売却され価格が低下していることを指摘する意見も上がっている。今回の提案承認も実質的にはトークンの配布を進めるような提案であり、反対意見の大部分はこのトークン価格に起因するものであった。なお提案の承認後、トークン価格は下落している。

なお前述した「オービット」は、アービトラム開発元のオフチェーンラボ(Offchain Labs)提供のツールパッケージ。昨年10月にメインネットでのローンチが発表された。

同パッケージでは、メインネットの「アービトラムワン(Arbitrum One)」や「アービトラムノヴァ(Arbitrum Nova)」、そしてテストネットの「アービトラムゴエリ(Arbitrum Goerli)」、「アービトラムセポリア(Arbitrum Sepolia)」上にアービトラムの技術を採用した独自の専用チェーンをレイヤー3として作成可能にしている。

また「スタイラス」は、アービトラム用のプログラミング実行環境だ。ウェブアセンブリ(WebAssembly:WASM)にコンパイル(変換)可能な一般的なプログラミング言語(RustやC、C++など)で記述されたスマートコントラクトが実行可能なプログラミング環境となっている。

関連ニュース

参考:Arbitrumフォーラム
images:iStocks/wvihrev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored