グッドラックスリーが株式投資型クラウドファンディングにて8,990万円の資金調達

グッドラックスリーが株式投資型クラウドファンディングにて8,990万円の資金調達

株式会社グッドラックスリーが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にてクラウドファンディングを実施し、上限応募額である8,990万円を達成したことを発表

同企画は、募集開始1時間30分で上限応募額の8,990万円に到達。応募は568名の投資家より行われた。また上限応募額到達後も、100件の出資希望のキャンセル待ちがあるとのこと。

なお今回の企画は第2回目となっており、第1回目は60名の投資家より計1,000万円を調達していた。

今回の資金調達により今後は「くりぷ豚レーシングフレンズ」や、くりぷ豚NFTが使える新しいブロックチェーンゲームの開発、ブロックチェーンを活用したコンテンツ開発のためのプラットフォーム「RAKUN」をさらに発展させていくとのこと。

編集部のコメント

株式会社グッドラックスリーは、2018年5月にリリースされた日本初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を開発している企業です。
同社はブロックチェーンゲームの開発に必要な「トークン」「ブロックチェーン技術」「ゲームの開発力」を持っており、様々な企業から開発依頼を受けています。直近では、アクセルマーク株式会社の「コントラクトサーヴァント –CARD GAME-」のスマートコントラクト(ブロックチェーン部分)の開発支援を行ったとのことです。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,LysenkoAlexander)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ディーカレットらがプログラマブルマネーを共同検証へ、BitGoがSTプラットフォーム開発のHarbor買収、DefiレンディングサービスbZxで再度価格操作ハックなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ディーカレット、KDDIらがブロックチェーン上に発行するデジタル通貨に関する共同検証を実施、BitGoがSTプラットフォーム開発のHarborを買収、DefiレンディングサービスbZxで再度、価格操作ハック、NECとシスコが安全保障領域や重要産業インフラ向けにブロックチェーンを活用しサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供

NECとシスコが安全保障領域や重要産業インフラ向けにブロックチェーンを活用しサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供

日本電気株式会社(NEC)とシスコシステムズ合同会社が、安全保障領域や重要産業インフラ向けに、ブロックチェーン技術を活用し、サプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を2020年度より順次提供することを2月17日プレスリリースにて発表

バイナンスがバイナンスクラウドを公開、UEFAがブロックチェーンアプリで「EURO 2020」のチケット発売、トロンがSteemitと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

バイナンスが取引所開設サポートサービス「バイナンスクラウド」を公開、UEFAがブロックチェーンベースのモバイルアプリで「EURO 2020」のチケット発売を発表、トロンがSteemitと戦略的パートナシップ締結、Defiサービス「bZx」で起こった価格操作取引の分析