グッドラックスリーが株式投資型クラウドファンディングにて8,990万円の資金調達

グッドラックスリーが株式投資型クラウドファンディングにて8,990万円の資金調達

株式会社グッドラックスリーが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」にてクラウドファンディングを実施し、上限応募額である8,990万円を達成したことを発表

同企画は、募集開始1時間30分で上限応募額の8,990万円に到達。応募は568名の投資家より行われた。また上限応募額到達後も、100件の出資希望のキャンセル待ちがあるとのこと。

なお今回の企画は第2回目となっており、第1回目は60名の投資家より計1,000万円を調達していた。

今回の資金調達により今後は「くりぷ豚レーシングフレンズ」や、くりぷ豚NFTが使える新しいブロックチェーンゲームの開発、ブロックチェーンを活用したコンテンツ開発のためのプラットフォーム「RAKUN」をさらに発展させていくとのこと。

編集部のコメント

株式会社グッドラックスリーは、2018年5月にリリースされた日本初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を開発している企業です。
同社はブロックチェーンゲームの開発に必要な「トークン」「ブロックチェーン技術」「ゲームの開発力」を持っており、様々な企業から開発依頼を受けています。直近では、アクセルマーク株式会社の「コントラクトサーヴァント –CARD GAME-」のスマートコントラクト(ブロックチェーン部分)の開発支援を行ったとのことです。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,LysenkoAlexander)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資