HMRCが仮想通貨サイバー犯罪特定のための分析ツール導入を検討

HMRCが仮想通貨サイバー犯罪特定のための分析ツール導入を検討

英国政府機関の歳入関税庁(HMRC)が、仮想通貨取引におけるサイバー犯罪を特定するために、ブロックチェーンベースの分析ツール導入を検討していることが地元メディア「PublicTechnology」によって1月20日報じられた

HMRCは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)が支払いに利用されている一方で、脱税やマネーロンダリングなどの犯罪に利用されていることを懸念している。

分析ツールには最低でもビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、テザー(USDT)の追跡を条件とし、匿名仮想通貨であるMonero(XMR)、Zcash(ZEC)、Dash(DASH)の追跡までが行えることが理想的であるとしている。

HMRCは今回のツールへの1年間のライセンスに対し、10万ポンド(約1430万円)の予算を用意しており、提供者を今月31日まで募集し、2月17日には契約を開始する予定とのことだ。

THEBLOCKの報道によると、分析ツール提供企業の候補としてChainalysis、Elliptic、CipherTraceの3社が挙がっている。

編集部のコメント

12月にブロックチェーン分析企業であるChainalysis社が、同社のコンプライアンスツール「Chainalysis KYT(Know Your Transaction)」を仮想通貨取引所Bitfinexへ提供したことを発表しています。
またElliptic社は9月にSBIインベストメント株式会社の運営する「SBI AI&Blockchainファンド」より出資を受け、Elliptic社はSBIを筆頭にシリーズBラウンドの資金合計として総額2300万ドルを調達したとのことです。
またCipherTrace社はバイナンスや楽天ウォレットと提携しており、10月にはマネロン対策などにおいて、700以上のアルトコイン銘柄にも対応すると発表しています。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:bagotaj)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【8/3の話題】ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム、ハッシュポートが前澤友作氏らから資金調達など(音声ニュース)

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供、【取材】ハッシュポートが前澤友作氏から約4.8億円調達発表、共同でブロックチェーン新サービスも、アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入、韓国の11の暗号資産取引所が閉鎖の可能性、関係筋証言、米マイアミが「マイアミコイン」のマイニング開始へ、保有者にはBTCとSTXの利回り報酬も、暗号資産取引プラットフォームVoyager、決済企業Coinifyを約93億円で買収、米NCR、ビットコインATM展開のLibertyXを買収、暗号資産企業ブローカーの定義が議論に、米5,500億ドル規模のインフラ法案の税務報告項目にて、FTXがエンタメブランド向けNFTマーケットプレイス開発へ、米ドルフィンと提携で、コインベースプロでAlchemy Pay(ACH)、PlayDapp(PLA)、Rai Reflex Index(RAI)上場、ビットポイント、国内初のCardano(ADA)上場へ、クロアチア初、チリーズのSocios.comでディナモザグレブがファントークン発行へ、Coincheck NFT(β版)、NFTサッカーゲームSorareの取扱い開始へ、ポイ活でビットコイン、モッピーでの獲得ポイントがXRP、LTC、BCHにも交換可能に

Sponsored

クロアチア初、チリーズのSocios. comでディナモザグレブがファントークン発行へ

ブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)がクロアチア共和国の国内リーグ所属のサッカークラブであるディナモ・ザグレブ(Dinamo Zagreb)と提携し、チリーズ運営のファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にて同クラブのファントークンを発行することを8月2日発表した。同クラブはクロアチアでファントークンを発行する国内初のスポーツチームとなる。

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供

LVMHグループのルイ・ヴィトンが、創業者ルイ・ヴェイン氏の生誕200年を記念したプロジェクト「LOUIS 200」の一環として、ブロックチェーンゲームアプリ「LOUIS THE GAME」をローンチすることを8月3日発表した。なおローンチ日である8月4日はヴェイトン氏の誕生日とのこと

アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入

アソビシステム株式会社、ParadeALL(パレードオール)株式会社、Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社の3社が、NFTを活用した次世代メタバース(仮想空間)上に「グローバル文化都市トーキョー」を創り出すWeb3.0プロジェクトの始動を8月3日発表した。