OECD(経済協力開発機構)がLibraメンバーを含めた92のブロックチェーン組織「BEPAB」を設立

OECD(経済協力開発機構)がLibraメンバーを含めた92のブロックチェーン組織「BEPAB」を設立

Organisation for Economic Cooperation and Development (OECD/経済協力開発機構) が Blockchain Expert Policy Advisory Board (BEPAB)を設立したことが明らかになった。

BEPABの設立目的は、OECDが各国に対して、ブロックチェーン領域の営みに適切なアドバイスを提供すること。具体的には、BEPABが政府やその他の利害関係者がどのようにリスクを軽減しながら利益を得ることができるかを検討し、調査レポートなどを提供していく。

オランダ中央銀行の金融部門トップで、OECDの金融委員会の委員長を務めるエルト・ホーベン(Aerdt Houben)氏は「BEPABの参加メンバーは、私たちが数えたところ92でありました。主にブロックチェーン業界のプレーヤーで構成されています。これは、アクセンチュア、IBM、R3、ConsenSysの代表者を含む多くの有名な企業の人たちと、知名度の低い人たちも含めていることを特徴としています。そして、Libraに関わる企業やCalibraも関与しています」とコメントしている。

OECDのデジタル経済政策委員会の次期議長である飯田洋一氏は「OECDは、国際的な地位のために果たすべき重要な役割があると考えています。 ブロックチェーン、その中でも特に最も許可のない形式であるパブリックブロックチェーンでは、ボーダーレスなことが特徴です」とコメントしている。

編集部のコメント

BEPAB設立の旗振りを行なったであろうオランダ中央銀行のトップで、エルト・ホーベン氏は、ブロックチェーン技術に精通し、リサーチを深めている人物だと思います。2018年に日本銀行が翻訳をしている「中央銀行デジタル通貨」のドキュメント作成に携わっていたりします。

中央銀行デジタル通貨:https://www.boj.or.jp/announcements/release_2018/data/rel180315a.pdf

OECD(経済協力開発機構)がBEPABを設立したニュースのポイントは、巻き込める人や企業の種類と数が非常に多く、92の団体を巻き込めたという事実です。

BEPAB参加リスト:https://www.oecd.org/daf/blockchain/OECD-Blockchain-Expert-Policy-Advisory-Board-List-of-Participants.pdf

本来であれば、LibraやCalibraと言ったアメリカで疑問視されている企業を巻き込むことは難しいでしょう。ところが、OECDは、世界経済をフラットな立場から監督できるので、これが実現できます。OECDのリーダーシップに期待しながら、多くの人がブロックチェーンの理解を進め、リスクを回避しながら、コスト削減できる意思決定をして欲しいと、あたらしい経済編集部は思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:LuckyStep48)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOを務めるラリー・フィンク(Larry Fink)氏が「ビットコインは多くの人々の注目と想像力を集めていて、資産クラスとして成長する態勢が整っている」とNPO法人が主催する「対外関係審議会」 で述べたことをDecrtptoが12月2日に報じた。