OptimismがParadigmやIDEOから350万ドルの調達(日本のLayer2開発企業Cryptoeconomics Lab CTO部谷修平氏のコメントも掲載)

OptimismがParadigmやIDEOから350万ドルの調達

イーサリアムのLayer2のスケーラビリティ開発企業OptimismがクリプトキャピタルのParadigmとIDEOから350万ドルの資金調達を行なったことが明らかになった。

Optimismは、Layer2ソリューションの1つであるOptimistic Rollupを開発していたPlasma Groupメンバーが2019年12月に設立した企業。

新たに調達した資金は、主にチームがOptimistic Rollupソリューションをより実装しやすくし、開発者がその上にアプリケーションを構築できるようにするために使用される。

OptimismのCEOであるJinglan Wang氏は「非営利組織であったPlasma Groupから営利事業へ一部移行したことは、過去1年間にチームが経験した資金調達の難しさによる」とThe Blockの取材に対して語っている。

Cryptoeconomics Lab CTO 部谷修平からコメント

あたらしい経済編集部は、今回のニュースにあわせ、Optimism社と同様にLayer2ソリューションを開発している日本のブロックチェーン開発企業、株式会社Cryptoeconomics Lab(CEL)のCTO部谷修平氏に

「OptimismがOptimistic Rollup開発促進のために営利企業として資金調達を行いましたが、開発促進という観点でどのような影響があると思うか」

についてコメントをもらった。

部谷氏は編集部の質問に対して

「今後のLayer2は、これまでの研究開発の成果を生かしながら、より実践的になり、また業界ドメインにより細分化されていくと思います。Optimisticが営利企業になることにより、Layer2の標準化がこれまでよりも高速に進んでいくのではないかと思います。

CELは現在OVMとPlasmaに集中して開発していますが、Optimistic Rollupの開発も視野に入れています。ORはコミュニティで活発に議論、実装がされていて、日々様々な応用や改善提案がされており、期待のかかっている技術です」

とコメントをくれた。

編集部のコメント

Optimistic Rollupはイーサリアム・ネットワークのLayer2ソリューションの1つです。Otimistic Rollupの特徴は、EthereumのLayer1、つまりメインチェーンで行わる処理が100%正しいという前提のもと、Layer2で先にその処理を予測して処理することです。もしLayer2での処理が間違っていたら、そこでネットワーク参加者がジャッジメントを行いメインチェーンで処理されるかどうか決まります。

Layer2に関しては、あたらしい経済がイベントレポート「ブロックチェーンのレイヤー2とビジネスについて世界的な開発者たちが白熱議論」で取り上げていますので、一読してみてください。編集部として、正しい場所に資金が流通し、開発が促進されると思うので、Optimismの動きは良い動きだと考えてます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:gopixa)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。