OptimismがParadigmやIDEOから350万ドルの調達(日本のLayer2開発企業Cryptoeconomics Lab CTO部谷修平氏のコメントも掲載)

OptimismがParadigmやIDEOから350万ドルの調達

イーサリアムのLayer2のスケーラビリティ開発企業OptimismがクリプトキャピタルのParadigmとIDEOから350万ドルの資金調達を行なったことが明らかになった。

Optimismは、Layer2ソリューションの1つであるOptimistic Rollupを開発していたPlasma Groupメンバーが2019年12月に設立した企業。

新たに調達した資金は、主にチームがOptimistic Rollupソリューションをより実装しやすくし、開発者がその上にアプリケーションを構築できるようにするために使用される。

OptimismのCEOであるJinglan Wang氏は「非営利組織であったPlasma Groupから営利事業へ一部移行したことは、過去1年間にチームが経験した資金調達の難しさによる」とThe Blockの取材に対して語っている。

Cryptoeconomics Lab CTO 部谷修平からコメント

あたらしい経済編集部は、今回のニュースにあわせ、Optimism社と同様にLayer2ソリューションを開発している日本のブロックチェーン開発企業、株式会社Cryptoeconomics Lab(CEL)のCTO部谷修平氏に

「OptimismがOptimistic Rollup開発促進のために営利企業として資金調達を行いましたが、開発促進という観点でどのような影響があると思うか」

についてコメントをもらった。

部谷氏は編集部の質問に対して

「今後のLayer2は、これまでの研究開発の成果を生かしながら、より実践的になり、また業界ドメインにより細分化されていくと思います。Optimisticが営利企業になることにより、Layer2の標準化がこれまでよりも高速に進んでいくのではないかと思います。

CELは現在OVMとPlasmaに集中して開発していますが、Optimistic Rollupの開発も視野に入れています。ORはコミュニティで活発に議論、実装がされていて、日々様々な応用や改善提案がされており、期待のかかっている技術です」

とコメントをくれた。

編集部のコメント

Optimistic Rollupはイーサリアム・ネットワークのLayer2ソリューションの1つです。Otimistic Rollupの特徴は、EthereumのLayer1、つまりメインチェーンで行わる処理が100%正しいという前提のもと、Layer2で先にその処理を予測して処理することです。もしLayer2での処理が間違っていたら、そこでネットワーク参加者がジャッジメントを行いメインチェーンで処理されるかどうか決まります。

Layer2に関しては、あたらしい経済がイベントレポート「ブロックチェーンのレイヤー2とビジネスについて世界的な開発者たちが白熱議論」で取り上げていますので、一読してみてください。編集部として、正しい場所に資金が流通し、開発が促進されると思うので、Optimismの動きは良い動きだと考えてます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:gopixa)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した