OptimismがParadigmやIDEOから350万ドルの調達(日本のLayer2開発企業Cryptoeconomics Lab CTO部谷修平氏のコメントも掲載)

OptimismがParadigmやIDEOから350万ドルの調達

イーサリアムのLayer2のスケーラビリティ開発企業OptimismがクリプトキャピタルのParadigmとIDEOから350万ドルの資金調達を行なったことが明らかになった。

Optimismは、Layer2ソリューションの1つであるOptimistic Rollupを開発していたPlasma Groupメンバーが2019年12月に設立した企業。

新たに調達した資金は、主にチームがOptimistic Rollupソリューションをより実装しやすくし、開発者がその上にアプリケーションを構築できるようにするために使用される。

OptimismのCEOであるJinglan Wang氏は「非営利組織であったPlasma Groupから営利事業へ一部移行したことは、過去1年間にチームが経験した資金調達の難しさによる」とThe Blockの取材に対して語っている。

Cryptoeconomics Lab CTO 部谷修平からコメント

あたらしい経済編集部は、今回のニュースにあわせ、Optimism社と同様にLayer2ソリューションを開発している日本のブロックチェーン開発企業、株式会社Cryptoeconomics Lab(CEL)のCTO部谷修平氏に

「OptimismがOptimistic Rollup開発促進のために営利企業として資金調達を行いましたが、開発促進という観点でどのような影響があると思うか」

についてコメントをもらった。

部谷氏は編集部の質問に対して

「今後のLayer2は、これまでの研究開発の成果を生かしながら、より実践的になり、また業界ドメインにより細分化されていくと思います。Optimisticが営利企業になることにより、Layer2の標準化がこれまでよりも高速に進んでいくのではないかと思います。

CELは現在OVMとPlasmaに集中して開発していますが、Optimistic Rollupの開発も視野に入れています。ORはコミュニティで活発に議論、実装がされていて、日々様々な応用や改善提案がされており、期待のかかっている技術です」

とコメントをくれた。

編集部のコメント

Optimistic Rollupはイーサリアム・ネットワークのLayer2ソリューションの1つです。Otimistic Rollupの特徴は、EthereumのLayer1、つまりメインチェーンで行わる処理が100%正しいという前提のもと、Layer2で先にその処理を予測して処理することです。もしLayer2での処理が間違っていたら、そこでネットワーク参加者がジャッジメントを行いメインチェーンで処理されるかどうか決まります。

Layer2に関しては、あたらしい経済がイベントレポート「ブロックチェーンのレイヤー2とビジネスについて世界的な開発者たちが白熱議論」で取り上げていますので、一読してみてください。編集部として、正しい場所に資金が流通し、開発が促進されると思うので、Optimismの動きは良い動きだと考えてます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:gopixa)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LINEが中銀デジタル通貨の開発支援へ、R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューション買収、英協同組合がCorda上でXDC発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発支援へ、米ブロックチェーン企業R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューションを買収、英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。