IBMがIBM Food Trsutによってオリーブオイルのサプライチェーンを管理

IBMがIBM Food Trsutによってオリーブオイルのサプライチェーンを管理

米IBMが、同社開発のブロックチェーンを活用した食品追跡プラットフォーム「IBM Food Trust」を利用してオリーブオイルのサプライチェーンの管理を行うことを発表

同プラットフォームで管理するのは、地中海南部最大のオリーブオイル生産社CHOの有機栽培を用いたエキストラバージンオリーブオイル「TERRA DELYSSA」とのこと。

「IBM Food Trust」を利用することで、オリーブが有機栽培された果樹園、オリーブ粉砕工場、オイルのろ過、瓶詰め、流通施設など、8つの品質保証チェックポイントを管理する。

「TERRA DELYSSA」を購入した顧客は、ボトルについているラベルのQRコードをスキャンして出所記録を確認することができる。またこの記録は、ディストリビューター、小売業者、他のサプライチェーンの許可されたメンバーが、ほぼリアルタイムで共有することができるとのこと。

昨年11月に収穫されたオリーブは、Terra Delyssaに関するデータとして既にブロックチェーン上に記録が始まっており、現在オリーブオイルとして瓶詰めがされているとのこと。3月までには米国、カナダ、フランス、ドイツ、デンマーク、日本、各国の店頭に並ぶ予定とのこと。

編集部のコメント

IBMが全国小売連盟と協力して実施した、28か国の18,980人の消費者に関する調査研究の結果によると、回答者である70%以上の消費者が購入する製品に対し、透明性のあるトレーサビリティ情報に対して対価を支払うことがわかったとのことです。 ブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォームを利用することで、その製品のブランドや生産地を保証することができます。
また同じく「IBM Food Trust」基盤で作られたコーヒートレーサビリティプラットフォーム「Thank My Farmer」では生産者に対しチップを送ることもできるようになる予定です。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:xu-bing)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LINEが中銀デジタル通貨の開発支援へ、R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューション買収、英協同組合がCorda上でXDC発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発支援へ、米ブロックチェーン企業R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューションを買収、英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。