IBMがIBM Food Trsutによってオリーブオイルのサプライチェーンを管理

IBMがIBM Food Trsutによってオリーブオイルのサプライチェーンを管理

米IBMが、同社開発のブロックチェーンを活用した食品追跡プラットフォーム「IBM Food Trust」を利用してオリーブオイルのサプライチェーンの管理を行うことを発表

同プラットフォームで管理するのは、地中海南部最大のオリーブオイル生産社CHOの有機栽培を用いたエキストラバージンオリーブオイル「TERRA DELYSSA」とのこと。

「IBM Food Trust」を利用することで、オリーブが有機栽培された果樹園、オリーブ粉砕工場、オイルのろ過、瓶詰め、流通施設など、8つの品質保証チェックポイントを管理する。

「TERRA DELYSSA」を購入した顧客は、ボトルについているラベルのQRコードをスキャンして出所記録を確認することができる。またこの記録は、ディストリビューター、小売業者、他のサプライチェーンの許可されたメンバーが、ほぼリアルタイムで共有することができるとのこと。

昨年11月に収穫されたオリーブは、Terra Delyssaに関するデータとして既にブロックチェーン上に記録が始まっており、現在オリーブオイルとして瓶詰めがされているとのこと。3月までには米国、カナダ、フランス、ドイツ、デンマーク、日本、各国の店頭に並ぶ予定とのこと。

編集部のコメント

IBMが全国小売連盟と協力して実施した、28か国の18,980人の消費者に関する調査研究の結果によると、回答者である70%以上の消費者が購入する製品に対し、透明性のあるトレーサビリティ情報に対して対価を支払うことがわかったとのことです。 ブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォームを利用することで、その製品のブランドや生産地を保証することができます。
また同じく「IBM Food Trust」基盤で作られたコーヒートレーサビリティプラットフォーム「Thank My Farmer」では生産者に対しチップを送ることもできるようになる予定です。


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:xu-bing)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/26話題】dYdXのガバナンストークンがロックアップ期間延長、サークル上場計画の廃止原因はSECかなど(音声ニュース)

dYdX、ガバナンストークン「DYDX」のロックアップ期間延長、USDC発行サークルの上場計画、廃止原因はSECか=報道、ENS DAOが寄付ファンド検討か、Karpatke提案=報道、アイルランド中銀総裁、暗号資産広告禁止を要望、ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達、スイスのプライベートバンク「Cité Gestion」、イーサリアム基盤の株式トークン化サービス提供へ、バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供、米Mythical GamesがDMarket買収、新NFTマーケットプレイス開設、米コインベースにAudius(AUDIO)とThreshold(T)上場へ

Sponsored

ビットコインインフラ開発Blockstream、転換社債などで約161億円調達

ビットコインインフラ開発のブロックストリーム(Blockstream)が、転換社債と担保付き融資での1億2,500万ドル(約161億円)の資金調達を1月24日に発表した。この調達は、キングスウェイキャピタルが転換社債での調達を主導し、フルグルベンチャーズ(Fulgur Ventures)なども参加したという。