FTX創業者に懲役25年、詐欺などで=NY地裁

SBFに懲役25年の判決

米ニューヨーク連邦地裁は3月28日、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換所大手FTXトレーディング創業者サム・バンクマンフリード(Samuel Bankman-Fried:SBF)被告(32)に対し、懲役25年の判決を言い渡した。

同被告は顧客資金を不正に流用した詐欺など7つの罪に問われ、2023年11月に陪審の判断により有罪判決が下っていた。

被告に懲役期間を言い渡したルイス・カプラン(Lewis Kaplan)判事は「被告は犯罪行為だと認識していた。捕まる可能性について非常に悪い賭けをしたことを後悔しているが、何も認めようとしない」と述べた。

判事は、FTXの顧客が80億ドル、FTXの株式投資家は17億ドル、被告が設立した投資会社アラメダ・リサーチ(Alameda Research)の貸し手は13億ドルを失ったと述べた。禁錮刑に加え、110億ドルの資産没収も言い渡した。

被告は法廷で「顧客は苦しんでいる。それを軽視するつもりは全くなかった。この過程でわたしが述べたことに欠けていたものがあったと思う。それについて申し訳ないと思う」と述べた。

懲役期間は、検察側が求めていた40-50年に比べて短かった。弁護団は5年3カ月以下の懲役が妥当と主張していた。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
FTX創業者に懲役25年、詐欺などで NY地裁
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道