アバランチのアバラボ、東証スタンダード上場マツモトと協業。ゲーム開発で

アバラボが東証スタンダード上場マツモトと協業

東証スタンダード上場企業マツモトが、パブリックブロックチェーンAvalanche(アバランチ)エコシステムを通して、ゲーム開発・販売を行うことを3月27日発表した。

なおマツモトは、福岡県北九州市に本社を置く印刷会社。卒業アルバムを中心に文集やパンフレット、 その他一般商業印刷や、HP/システム作成などの事業を行っている。なお同社は昨年11月、web3マーケットプレイス「ShinoVi」にてBookNFTの販売を開始していた。

今回の発表によるとマツモトは、「ShinoVi」開発元でスペインバルセロナ拠点のCompdeep(コンプディープ)と共同で当該ゲーム開発・販売を共同で行うとのこと。

それにあたりマツモトは、アバランチ開発会社であるAva Labs(アバラボ)とゲームの開発コンセプト、世界販売のマーケティング戦略などについて協議しているとのことだ。

なお同ゲームの開発については資金調達ができ次第、コンプディープが欧州でグローバルな開発チームを結成し、ゲームエンジン構築を含むゲーム開発を行う予定だという。

これについて詳しい開発体制が決まり次第、改めてアナウンスするとのことだ。

アバラボでは先日3月19日、中国アリババグループ(Alibaba Group)提供のオールインワン注文・決済ソリューション「アリペイ+Dストア(Alipay+ D-store)」と共同で、web3対応クーポンプログラムの概念実証(PoC)を開始している。

また先月2月には、米大手銀行シティ(Citi)がアバランチ(Avalanche)のサブネット「スプルース(Spruce)」で、プライベートファンドのトークン化に関する概念実証(PoC)を行ったことを発表している。

その他にもアバランチのサブネットは、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」運営のロイヤリティ マーケティング(LM)が採用したことが昨年9月に発表されている。

関連ニュース

参考:マツモト
images:iStocks/greenbutterfly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した