米シティがプライベートファンドのトークン化テスト成功、アバランチサブネット「Spruce」で

シティがアバランチサブネットでPoC完了

米大手銀行シティ(Citi)が、アバランチ(Avalanche)のサブネット「スプルース(Spruce)」で、プライベートファンドのトークン化に関する概念実証(PoC)を行ったことを2月14日発表した。

この概念実証では「スプルース」の活用により、トークン化やスマートコントラクト、ブロックチェーンの組み合わせが、資本市場の再構築と金融サービスの強化にどのように役立つかがテストされたとのこと。

概念実証は、シティが米大手金融企業DTCC(Depository Trust & Clearing Corporation)や米投資運用会社ウェリントンマネジメント(Wellington Management)、米資産管理会社ウィズダムツリー(WisdomTree)、オランダ大手投資銀行ABNアムロ(ABN AMRO)と共同で行ったという。

今回シティは、プライベート市場に焦点を当てたユースケースとして、エンドツーエンドのトークン転送や取引の為のセカンダリー送金、担保付き融資による新機能を検証したとのこと。概念実証を行った背景には、総額10兆ドル(約1,502兆円)の運用資産市場が依然として手動操作であり、透明性が欠如されているなどといった問題があるという。

そして今回「スプルース」活用の下で概念実証が実施されたことにより、従来の資産では現在利用できない新機能と運用効率を実現できることが分かったとのこと。

なお「スプルース」は、トークン化とオンチェーンファイナンスを管理された環境で探求するソリューションとして、金融機関向けに提供されている「エバーグリーン(Evergreen)」のテストネットサブネットだ。同サブネットでは、買い手側と売り手側の機関が低リスクかつ参入障壁の低い方法で、パブリックブロックチェーンインフラストラクチャに取り組むことが可能となっている。

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」開発元の米アバラボ(Ava Labs)は、アバランチチェーンを利用した独自ブロックチェーンを構築できる機能「サブネット」を提供しており、「サブネット」はプライマリーネットワークのCチェーンによって管理されている。

関連ニュース

参考:シティアバランチ
images:iStock/violinconcertono3

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道