仏最大の電力企業EDF子会社、チリーズ(CHZ)のバリデーターに

仏最大の電力会社がChilizのバリデーターに

フランス最大の電力会社EDFの子会社イグザイオン(Exaion)が、「チリーズチェーン(Chiliz Chain)」の公式バリデーター(ノード検証者)になった。同チェーンを運営するチリーズ(CHZ)が3月22日発表した。

イグザイオンはバリデータとして、「チリーズチェーン」のネットワークに接続し、トランザクションが正しいかを検証するノード(コンピューター端末)またはその運用をすることになる。

これによりイグザイオンが持つエネルギーやインフラストラクチャー、テクノロジー分野の専門知識がチリーズエコシステムへ共有されるという。そして両社は、環境的に持続可能で社会的責任のある方法でブロックチェーンの統合を推進していくとのこと。

チリーズは、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営する企業。今年2月には、仏プロサッカーリーグ加盟のパリ・サンジェルマンFCPSG)と韓国のプロサッカーリーグ「Kリーグ」がチリーズの公式バリデーターになっている。

関連ニュース

参考:チリーズ
images:iStocks/Aleksandra-Zhilenkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した