チリーズ(CHZ)が68億円のインキュベータープログラム、ジャンプクリプトが支援

チリーズがチリーズラボ設立

ファンエンゲージメントプラットフォーム「ソシオスドットコム(Socios.com)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、5000万ドル(約68億円)のインキュベータープログラムで「チリーズラボ(Chiliz Labs)」を立ち上げたことを3月1日発表した。

この「チリーズラボ」の立ち上げは、ブロックチェーンインフラ開発企業「ジャンプクリプト(Jump Crypto)」からの支援により実現したとのこと。

また「チリーズラボ」は、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換のレイヤー1ブロックチェーンである「チリーズブロックチェーン」を構築しており、「チリーズブロックチェーン」上に構築するweb3プロジェクトへ投資やサポートをしていくという。

現在「チリーズブロックチェーン」でweb3プロジェクト構築に取り組む最初の企業として、ファンエンゲージメントプラットフォーム提供企業のライブライク(LiveLike)とファンフェスト(FanFest)が発表されている。そして近日中に「チリーズブロックチェーン」上でweb3プロジェクトを構築する8から10の追加企業が発表される予定とのことだ。

なお近いうちにコンセンサスアルゴリズム「PoSA(Proof of Staked Authority)」を採用した、アップグレードバージョンの「チリーズブロックチェーン V2」をリリース予定とのこと。

「Socios.com」とは

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

チリーズは、アメリカンフットボール、バスケットボール、クリケット、サッカー、ゲーム、アイスホッケー、MMA、モータースポーツ、ラグビー、テニスといった10競技において、既に25カ国で170を超えるスポーツ組織と提携している。

欧州の多くのプロサッカークラブが「Socios.com」でトークンを発行している他、北米ではMLS加盟全28チーム中27チームと提携している。なおサッカーだけでなく、NBAでは現在「Socios.com」と提携するNBAチームは全30チームのうち28チームで、その他にもNFLやNHLとの提携も行っている。また韓国やインド、インドネシア、ブラジル、メキシコなどのスポーツチームとも提携を進めている。

また「Socios.com」で発行されている各スポーツチームのファントークンを購入するための暗号資産チリーズ(CHZ)は、国内暗号資産取引所DMM Bitcoinが日本で初めて取り扱いを昨年から開始している。

関連ニュース

参考:Chiliz
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored