イーサL2「Polygon zkEVM」が約10時間停止し回復、原因はシーケンサーの問題

Polygon zkEVMが約10時間停止し回復

ポリゴンラボ(Polygon Labs)が、イーサリアム(Ethereum)のL2スケーリングソリューション「ポリゴンzkEVM(Polygon zkEVM)」メインネットβ版で、シーケンサー(シーケンス:順番を制御するコントローラー)に問題が発生していたことを3月24日発表した。

これにより「ポリゴンzkEVM」メインネットβ版では、日本時間で3月23日19時51分から3月24日5時52分の約10時間以上の間ブロックチェーンが一時的にオフライン状態となっていた。なお現在「ポリゴンzkEVM」メインネットβ版は正常に稼働している。

ポリゴンは、シーケンサーのトラブルが「ポリゴンzkEVM」メインネットβ版にのみ影響し、ポリゴンPoS(Polygon PoS)やポリゴンCDK(Polygon CDK)、ポリゴンCDKを使用してデプロイされたチェーンには影響しないと発表にて説明している。

またポリゴンは今回発生した問題について後日詳細な報告を行うとしており、現在は完全な解決に向けて取り組んでいるとのこと。また数週間以内に第2世代の「zkEVM」をリリース予定であることも今回の発表に併せて報告している。

ポリゴンzkEVMとは

「ポリゴンzkEVM」は、昨年3月27日にメインネットのβ版が公開されたブロックチェーン。DEX(分散型取引所)のクイックスワップ(Quickswap)や分散型SNSのレンズ(Lens)など多くのプロダクトが「Polygon zkEVM」で稼働している。

「ポリゴンzkEVM」では、ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)の活用により複数のトランザクション(取引)を1つのトランザクションとしてまとめて処理し、元のブロックチェーンに送信することでスケーラビリティ問題の解決を目指している。

また同ネットワークは、イーサリアム上でスマートコントラクトを実行するEVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性があるため、イーサリアム上での開発で利用しているコードやツールをそのまま使用できるという特徴がある。

関連ニュース

images:iStocks/hqrloveq・incohre

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した