Zodia MarketsとFireblocksが戦略的提携、企業のクロスボーダー決済の改善目指し

ステーブルコイン活用で

デジタル資産取引所及び仲介プラットフォームのゾディア・マーケッツ(Zodia Markets)とデジタル資産カストディのファイアブロックス(Fireblocks)が、企業のクロスボーダー決済の効率改善を目的とした戦略的提携を結んだ。ゾディア・マーケッツが3月14日発表した。

発表によればこの提携により、企業はステーブルコインを使用することで、従来の法定通貨による送金と比べてより迅速に資金を送金できるようになるという。

ゾディア・マーケッツの複数通貨によるデジタル資産取引執行と、ファイアブロックス提供のデジタル資産取引エコシステムの「ファイアブロックスネットワーク(Fireblocks’ Network)」を掛け合わせることで、ゾディア・マーケッツの顧客向け電子取引と決済が合理化され、より包括的なクロスボーダー取引が提供されるとのことだ。

ファイアブロックスの副社長のリチャード・アストル(Richard Astle)氏は「ここしばらく、私たちのネットワーク間でほぼ即時にコスト効率の良い方法で価値移転ができるステーブルコインの採用が増加しているのを目の当たりにしてきた。またグローバル企業としては、米ドル以外のオン/オフ・ランプへの拡大も増加しており、ゾディア・マーケッツとの提携は、その価値提案においてユニークであるだけでなく、FXをオンチェーンに取り込む第一歩でもある」と述べている。

ファイアブロックスについて

ファイアブロックスは、ブロックチェーン技術を利用したデジタル資産のセキュリティ・管理ソリューションを提供するイスラエル発の企業だ。

2021年3月にファイアブロックスは、BNYメロン(BNY Mellon)による出資を受け、同社のカストディ・テクノロジー・プロバイダーとなった。

またファイアブロックスは2022年7月、フランス・パリに拠点を置く欧州のメガバンクBNPバリパの子会社BNPバリパ証券サービス(BNP Paribas Securities Services)とも提携。同年4月には米ナスダック上場の金融サービスプロバイダーFIS(Fidelity National Information Services)と提携していた。

また2023年9月には、英ロンドンに本社を置く大手銀行HSBCと協業を開始したことが報じられていた。

関連ニュース

参考:ゾディア・マーケッツ
images:iStock/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道