ゾディア・マーケッツ、MiCA施行に先立ちアイルランドでVASP登録取得

MiCA施行に先立ち

デジタル資産取引所及び仲介プラットフォームのゾディア・マーケッツ(Zodia Markets)が、アイルランド中央銀行(CBI)から暗号資産サービスプロバイダーの登録を受けたと10月27日発表した。

VASP登録によりゾディア・マーケッツは、機関投資家へのOTC取引および取引所サービスの提供が可能になった。

なお発表によればこの動きは、EUにおける暗号資産市場規制(MiCA)の施行に先立つものだという。

EU(欧州連合)全メンバー国の財務大臣からなる経済金融問題理事会は5月、暗号資産市場規制法案(MiCA/マイカ)を採択した。これにより暗号資産の発行者・暗号資産取引所・ウォレットプロバイダーは、2025年1月までに登録・認証を受けなければならない。

ゾディア・マーケッツ・アイルランドのCEO兼ディストリビューション責任者のマイケル・ウォルシュ(Michael Walsh)氏は、「(前略)この登録は、私たちのサービスにとって大きな機会と需要が見込まれるEU市場への参入の足がかりとなる(後略)」と述べている。

アイルランド政府産業開発庁(IDA)国際金融サービス部マネジャーのメイヴ・マコノン(Maeve McConnon)氏は、「ゾディア・マーケッツ社がVASPとしての登録を完了したことは、国際金融サービス業界の成長著しいサブセクターにおける重要な進展だ。この取り組みは、アイルランドにおけるデジタル資産機能の強力な参考事例となるだろう」とコメントしている。

関連ニュース

参考:ゾディア・マーケッツ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/alice-photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している