Fidelity Dijital Assetsがヨーロッパ支店を設立、StateStreetとGeminiがパートナーシップ提携、英Coinfloorがイーサの上場を廃止へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

Fidelity Dijital Assetsがヨーロッパ支店を設立

・Fidelity Digital Assetsが、ビジネスをヨーロッパに拡大するためにイギリスに新しい支店を設立したことを発表

・新しい支店は、欧州に拠点を置くファンドやファミリーオフィスに対してカストディおよび仮想通貨の取引・執行サービスを提供する予定。しかし、現時点では、同社は規制上の許可を得れていない

・Fidelity Digital Assetsの社長Tom Jessop氏は「アメリカで1年以上前にFidelity Digital Assetsを開始して以来、機関投資家やコミュニティからの大きな関心と関与が見られています。また、市場インフラ企業への継続的な企業投資やベンチャー投資、および従来の取引所のデジタル資産エコシステムへの参入も奨励しています」とコメントしている

総運用資産32兆ドル企業StateStreetとGeminiがパートナーシップ提携

・アメリカ大手資産運用企業State Street(ステートストリート)がGemini Custody(ジェミナイ・カストディ)とデジタルアセットのトライアルのためパートナーシップを提携

・そして、両社はビットコインとイーサリアムを試験運用する。この2種類を選んだ理由は、流動性が高いからだ

・パートナーシップの目的は、Geminiが提供する仮想通貨のカストディサービスで保管している顧客の仮想通貨の財務報告をトラックし、StateStreetが保有する既存資産のサービスと仮想通貨の財務報告と統合すること

・State StreetのディレクターであるRalph Achkar氏は「多くのお客様からの需要はまだ小さいですが、数は増大しています。そのために、オープンモデルを選択し、デジタル資産分野で確立され、規制に準拠したビジネスプレーヤーとしてGeminiとトライアルを開始しました」と述べている

・GeminiのCEOであるTyler Winklevoss氏は「State Streetとの連携は、Geminiとデジタル資産の主流資産クラスの重要なマイルストーンです。数兆ドルの運用資産があることからもわかるように、State Streetはセキュリティに妥協することは絶対にありません。Geminiも当然、妥協しません。そして、このパートナーシップにより、伝統的な投資家は、信頼できる規制された金融機関を通じてポートフォリオの資本をよりシームレスにデジタル資産に割り当てることができるようになり、お金の未来へのより良い橋を築くことができます」と述べている

英Coinfloorがイーサの上場を廃止へ

・英仮想通貨取所Coinfloorがイーサリアムのイーサ(ETH)の上場を廃止し、2020年1月3日より取り扱い銘柄をビットコインのみにすることを発表

・Coinfloorの創業者兼CEOであるObi Nwosu氏は、ビットコインが実績やブランド認知が出来ており、最高の通貨になりうる可能性があるとプレスリリースにてコメントをしている

・一方イーサリアムのアップグレードについて完了するまで数年がかかるとみており、またアップグレードによりイーサリアムに2つのバージョンが実行される可能性があり、操作の複雑性が増す可能性があると考えてると、コインデスクの取材に同氏が答えている

・ちなみにこれによりETHの売買が同日より対応ができなくなるが、保管と引き出しについては同日以降も可能とのこと。なお保管手数料は増額されるとのこと

LCNEMが独自ブロックチェーン開発可能人材の育成プログラムを発表

・株式会社LCNEMが、独自ブロックチェーンを開発できる人材を育成するために、教育事業を開始することを発表 ・同事業において提供される育成プログラムは全てオンラインで行われ、最速2ヵ月で実践的なブロックチェーン技術が習得できるとのこと

・また同プログラムは、プログラミング実務経験の有無によって2つのプログラムが提供されるとのこと

・プログラミング実務経験(3年以上)が有る場合に提供されるプログラムの内容は、2ヶ月間の基礎的かつ実践的なブロックチェーンシステム開発の教育が行われる。主要なパブリックチェーンに関することのみではなく、Cosmosなど最先端なブロックチェーンに関する知見と技術力を提供されるとのこと(募集人数4名、フルタイム受講非必須の為、受講費は1か月あたり税抜30,000円)

・プログラミング実務経験が1年未満の場合に提供されるプログラムの内容は、最短6ヶ月でプログラミングの勉強方法から、基礎的かつ実践的なプログラミングとブロックチェーンの教育までが行われる。プログラミングに関してはAngular、Typescript、Golangなどが中心となり、ブロックチェーンに関しては、主要なパブリックチェーンに関することのみではなく、Cosmosなど最先端なブロックチェーンに関する知見と技術力を提供されるとのこと(募集人数3名、受講料は無料、フルタイム受講必須)

・共にプログラム開始は2020年1月を予定。成績優秀な場合は受講終了後に正社員としてスカウトをする可能性があるとのこと

・契約形態、応募方法についてなど詳細はこちら

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,ElenVD)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。