マイクロストラテジーが転換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向

ビットコイン買い増しへ

企業としてビットコイン(BTC)の購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業マイクロストラテジー(MicroStrategy)が、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の更なる投資のために転換社債で資金を調達するようだ。マイクロストラテジーが3月5日発表した。

発表によれば、マイクロストラテジーは総額6億ドル(約903億円)の2030年満期転換社債を売り、債券の販売による純収入をビットコインの追加取得および一般的な企業目的に使用する予定だという。

同社は社債について「この債券はマイクロストラテジーの無担保シニア債務となり、2024年9月15日から毎年3月15日および9月15日に半期ごとに利息が支払われる。債券の満期は2030年3月15日。ただし、債券の条項に従って早期の買戻し、償還、転換が行われた場合はこの限りではない」と説明している。

マイクロストラテジーは今年1月、約2億1600万ドル(約310億円)相当の同社株式を売却する計画を発表。

ストックオプションを行使し自社株31万5000株を売却するとしていた。

またマイクロストラテジーは、クラスA普通株式の売却を通じて最大7.5億ドル(約1,110.6億円)を調達する可能性があると昨年11月30日に発表している。 これについてマイクロストラテジーは、昨年12月26日時点で合計1,076,915株の株式を発行および売却したと伝えていた。

またマイクロストラテジーは2月27日、BTCを追加購入したことを発表。

2月15日から2月25日までの間に約3,000BTCを約1億5,540万ドル(約233.8億円)で購入し、手数料と経費を含む1BTCあたりの取得額は約51,813ドル(約780万円)となったと報告している。

なおマイクロストラテジーは1月にも850BTCを買い増している。

ビットコイントレジャリーズ(Bitcoin Treasuries)によると記事執筆時点(2024年3月5日13:00)での、企業によるビットコイン保有量でマイクロストラテジーは世界第1位で、193,000BTCを保有している。

関連ニュース

参考:発表ビットコイントレジャリーズ
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ