ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄

ビットコイン対円で1000万円突破、対ドルでも史上最高値に肉薄

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が、3月5日1時ごろ対円で1000万円を突破した。円安の影響で、先月14日に、2021年11月10日に記録した779万円の過去最高値を更新していたビットコイン。その後も価格を伸ばし、1000万円の大台にのった。

その後ビットコインは5日11時頃に10,340,461円まで上昇し、記事執筆時点では1028万円前後の価格を推移している(2024年3月5日12時50分)。

なお対ドルでも5日11時頃1BTCは68,849ドルを記録、2021年の過去最高値である69,000ドルに肉薄している。

ビットコインが好調な要因は、米国で1月に上場したビットコイン現物ETFへの引き続きの資金流入、また4月に迫った半減期への期待などが挙げられる。

なおこれまでビットコインは半減期の「数ヶ月以降」に過去最高値を更新してきた歴史がある。しかしこの勢いで対ドルでも過去最高値を超えれば、これまでの強気相場サイクルと異なった動きとなる。

また前回2021年の過去最高値のタイミングではイーサリアムのイーサも最高値を更新した。イーサリアムも現在価格は上昇しているものの、まだ最高値まではひらきがある状況だ。全体としてアルトコインとビットコインの動きに乖離がみられる。

前回の強気相場とは明らかに異なった動きを見せる、暗号資産市場。米ドルでの過去最高値を突破は間もなくか、そしてこれからのビットコイン半減期前後でどのような動きをするか、注目だ。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で電子書籍事業や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」ボードメンバー。福岡県飯塚市新産業創出産学官連携協議会委員。ポッドキャスターとして、Amazon Audible original番組「みんなのメンタールーム」や、SpotifyやAppleにてweb3専門番組「EXODUS」や「あたらしい経済ニュース、ビジネス系番組「二番経営」等を配信中。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で電子書籍事業や新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」ボードメンバー。福岡県飯塚市新産業創出産学官連携協議会委員。ポッドキャスターとして、Amazon Audible original番組「みんなのメンタールーム」や、SpotifyやAppleにてweb3専門番組「EXODUS」や「あたらしい経済ニュース、ビジネス系番組「二番経営」等を配信中。著書『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored