マイクロソフトがERC721のデジタルグッズ「Azure Heroes」を開発、中国が世界一ブロックチェーン技術を証券化に適応、コントラクトサーヴァントプレセール開始へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

マイクロソフトがERC721ベースのデジタルグッズ「Azure Heroes」を開発

・マイクロソフトがAzure利用者向けのデジタルグッズ「Azure Heroes」をERC721ベースでEnginと開発したことが明らかになった

・Microsoftの目的は、開発者がAzureで学び、サービスを構築し、Azureコミュニティ内で健全な行動を促進すること

・Azure Heroesは、Azure内でコーチング、デモの作成、サンプルコードの構築、Azureに関するブログ、特定の課題の完了など、検証可能な影響行為に対して、開発者に付与される

・注意点として、独自のトランザクションハッシュが不足しているため、安全にAzure Heroesを保存するためには独自のブロックチェーンウォレットが必要となると伝えている

中国が世界で一番ブロックチェーン技術を証券化に適応していると、Fitch Ratingsが明らかに

・中国が世界で一番ブロックチェーン技術を証券化に適用していると、アメリカのコンサルファームFiitch Ratingsのレポートが報じた

・実際に証券化のプロセスの一部をブロックチェーン技術を使用した例は、中国国内で8つある。そのうち7つはプライベートチェーンで取引をされたので、どのチェーンを利用したか明らかになっていない。しかし、残りの1つは中国人民銀行が独自のブロックチェーンであるJucai Chainを使用して93億元の住宅ローン担保証券を発行していることが明らかになっている

・中国でブロックチェーンを用いた証券化を行う際、政府、中国人民銀行に許可されたブロックチェーンを使用しなければならない

・このブロックチェーンでは、各当事者の役割と承認に基づいて、売手と買手を引き合わせるマッチング情報、返済データへのアクセス権が取引当事者に提供される。これまでのところ、この技術は主に資産データとキャッシュフローの記録と検証に使用されている そして、一部の取引では、スマートコントラクトに書かれた適格基準に従って、証券化のために資産が選択される仕様になっている

ビットフライヤーユーロでクレジットカードを使って仮想通貨が購入可能に

・欧州の仮想通貨取引所bitFlyer Europeが、クレジットカードなどで仮想通貨を購入できる機能「Instant Buy」を追加したことを発表 ・「Instant Buy」では、Visa、Masterのクレジットカードとデビットカードの他、現地の決済手段Sofort、iDeal、GiroPayの利用で仮想通貨の購入が可能である

・TheBlockの報道によると、同機能の追加はドイツ決済企業のWirecard社の協力によって行われ、クレジットカードを利用した場合の取引手数料については、1取引につき1.95%プラス0.25ユーロ(約30円)、他の支払い方法だと1.95%プラス0.30ユーロ(約36円)だと、BitFlyer EuropeのCOOであるAndy Bryant氏がコメントをしたとのことだ

・bitFlyer Europeでは現在、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リスク(LSK)、モナコイン(MONA)の7銘柄の取引が可能で、10月21日に同取引所のモバイルアプリ(iOS、Android)がリリースされている

ブロックチェーントレーディングカードゲーム「コントラクトサーヴァント」のプレセール開始が12月18日に決定

・アクセルマーク株式会社が、同社が現在開発中のブロックチェーントレーディングカードゲーム「コントラクトサーヴァント –CARD GAME-」(略称:コンサヴァ)のプレセールを12月18日に開始することを発表

・また、プレセール開始2日前となる12月16日には、ゲーム機能を一部先行公開し、バトルやデッキ編成などが楽しめるプレサービスリリースを行うことも併せて発表された

・プレサービスリリース時に公開を予定する機能として、チュートリアルタワー、バトル、ランキングイベントや報酬に影響がないフリーバトルなどとなっている

・プレセールの期間については、12月18日15:00〜12月27日15:00までとなっており、販売方式は時間経過型ダッチオークションで、決済はイーサリアム(ETH)で行われるとのこと

・また同プレセールでは、リミテッド レジェンダリー サーヴァント 3種、リミテッド エピック サーヴァント 4種、リミテッド レア サーヴァント 5種が販売され、プレセールでサーヴァントを購入すると抽選でリミテッド エピック サーヴァント 1種が当たるとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。