フランス銀行が2020年にデジタル通貨をテスト予定と発表、Zerionが200万ドルの資金調達、BakktのCEOがジョージア州選出の米上院議員に指名を受けるなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

フランス銀行が2020年にデジタル通貨をテスト予定と発表

・フランスの中央銀行であるフランス銀行が2020年にデジタル通貨をテスト発行する予定であることを、AFPがツイッターで報道した。フランスのACPR主催のカンファレンスでフランス銀行の総裁が伝えた

・フランス銀行の総裁であるFrancois Villeroy de Galhau氏は「デジタル通貨の発行は2020年第1クォータまでに実現したい。迅速に対応せねばならないと思っている。なぜならFacebookや各国がデジタル通貨の発行を試みているからだ」とAFPの取材に対して答えている

・さらに、同氏は「フランスがデジタル通貨を基盤としたイノベーションに強く貢献したい。そして、デジタル通貨の発行と流通は論理的かつ着実に進めていかなければならない」と伝えた

分散型金融サービスZerionが200万ドルの資金調達

・分散型金融サービス(Defi)を開発するZerionが200万ドルの資金調達を行ったことが、明らかになった。シードラウンドに参加した投資家はプレイスホルダー(Placeholder)、ブロックチェーンベンチャーズ(Blockchain Ventures)、 ノーシス (Gnosis)である

・Zerionは分散型金融のインターフェースとなるサービス。これまでの実績として、Zerion起点でCompound Protocolで1600万ドル以上のトランザクションを処理、Devcon 5でEthereum ecosystem内のBest UXサービスに選ばれていたりしている

・ZerionのCEO Yuartv氏は「私たちはDefi版のCoinbaseになりたいと考えています。そして、Zerionはユーザーがプラットフォームに依存する必要のない、パーミッションレスな金融の未来を構築していきたいです。独自のDeFiプロトコルを開発せず、既存のDiFiプロトコルを統合し、ユーザーがアクセスしやすくすることだけを目指しています」とThe Blockの取材に対して答えている

BakktのCEOがョージア州選出の米上院議員に指名を受ける

・バックト(Bakkt)のCEOであるKelly Loeffler(ケリー・ロフェラー)氏が、ジョージア州選出の米上院議員に、同州知事Brian Kemp(ブライアン・ケンプ)氏によって指名されたことを、Bakktの親会社Intercontinental Exchange(ICE)がプレスリリースにて発表した

・Kelly Loeffle氏の就任は、同州上院議員現職であるJohnny Isakson(ジョニー・アイザクソン)氏が、健康上の理由により2019年末に退任することから指名をうけたとのこと

・Kelly Loeffler氏は2020年1月より上院議員に就任し、BakktのCEOを後任に引き継ぎ政治活動に専念する予定とのこと

・なおBakktのCEOの後任についてはまだ発表されていない

ビットフライヤーが、過去のハードフォークによって生じたBSVをユーザーに日本円で付与発表

・株式会社bitFlyerが、過去のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークによって生じたビットコインSV(BSV)を日本円に変換して対象となるユーザーに付与決定したことを発表

・今回の決定は、11月29日に同社で制定された「計画されたハードフォークおよび新仮想通貨への当社対応指針」に基づいたもの

・日本円の付与は、対象者を分けて 2 回実施されるとのことで、第 1 回は2019年12月末に決定、第2回は2020年3月を予定しているとのこと

・第1回の付与対象となるのは、BCH のブロックチェーンにおけるブロック高556,766ブロックのタイムスタンプの時刻時点(2018年11月16日午前2時52分頃)に、同社アカウントでBCHを保有しており、かつ2019年12月13日午後 5 時時点で本人確認が完了しているトレードクラスのユーザーであること。また同時刻に凍結や解約などアカウントを通常通り利用できないユーザーは対象外とのこと

・付与額については、前述のタイムスタンプの時刻時点でのBCH保有残高に応じ、同社にてBSVを売却し、かかる諸費用を差し引いた上で、一律の価格を使用して日本円の付与がされるとのこと。日本円の付与に際し使用した価格については、改めて知らせるとのこと

・なお第 2 回の付与対象となるユーザーの詳細については、確定次第通知するとのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock,ElenVD)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックが決済専門グループ「Facebook Financial」発足、Dapper LabsがNBA選手やCoinbaseなどから1200万ドル資金調達などから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足、ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達、慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

フェイスブックが決済専門のグループ「Facebook Financial」を発足

フェイスブックが決済やコマースの機会を追求するための新しいグループ「Facebook Financial」の発足を発表したとBloombergが報じた。「Facebook Financial」はフェイスブック社内ではF2と呼ばれていて、責任者にはフェイスブックらの暗号資産(仮想通貨)プロジェクトLibra(リブラ)の責任者でもあるDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏が着任したとのことだ。このグループは「Facebook Pay」「Novi」「WhatsApp」など決済プロジェクトを担当するようだ。

慶應大学がブロックチェーンを活用して就活生の個人情報を守るマッチングプラットフォームの開発プロジェクトを発表

慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターとInstitution for a Global Society株式会社(IGS)が、ブロックチェーン技術を用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始したことを8月11日発表した

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手、Coinbaseなどから1200万ドルの資金調達

ブロックチェーン開発企業「Dapper Labs」がNBA選手のSpencer Dinwiddie(スペンサー・ディンウィディー)氏、 Andre Iguodala(アンドレ・イグオダラ)氏、Coinbase Venutresなどから1200万ドルの資金調達を行ったことを発表した。この資金調達の目的は独自ブロックチェーン「FLOW」開発のためとのことだ。今回の資金調達に参加したSpencer Dinwiddie氏は暗号資産に非常に明るいNBA選手。自身のシューズブランド「K8IROS」では暗号資産決済を取り入れていたり、2020年1月にはセキュリティートークン関連企業「Securitize」とデジタルトークンを発行をしたりしている。

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のBC技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに、Defiプロトコル開発企業Uniswapがa16zなどから1,100万ドル(約11億6,200万)の資金調達、中国の主要な国有商業銀行がデジタル人民元(DCEP)のウォレットアプリケーションの内部テスト開始か、日本政府がブロックチェーンでASEANの貿易基盤のデジタル化を支援

ゴールドマンサックスのデジタルアセット責任者のブロックチェーン技術に対する展望が明らかに

ゴールドマンサックスのデジタルアセットのグローバル責任者であるMathew McDermott(マシュー・マクダーモット)氏が、同行のブロックチェーン技術へのインサイトとビジョンに関してCNBCのインタビューで語った。McDermott氏はそこでゴールドマンサックスが独自デジタル通貨発行の可能性も示した。