SecuritizeがBUIDLを100%子会社化、Nayutaが「フルノード・SPVモード」 のハイブリッドモードを搭載したウォレットを公開などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

SecuritizeがBUIDLを100%子会社化

・デジタル証券プラットフォームを展開するアメリカのセキュリタイズ(Securitize)が日本のブロックチェーン 企業である株式会社BUIDLを100%子会社化したことが明らかになった

・セキュリタイズのCEOカルロス・ドミンゴ氏が今後BUIDLの代表取締役CEO(最高経営責任者)に就任。そして、Omise Go長谷川潤氏とグローバルブレイン百合本安彦代表取締役社長が取締役に就任する

・カルロス・ドミンゴ氏は「日本にはさまざまな出資者がいるため、そのシナジーを生かしていく。アンチマネロンツールとして、日本ではBUIDLのSHIEDLを使っていくつもりだ」とCoindeskの取材に答えている

・あたらしい経済も同氏に「2020年の春に改正金融商品取引法が施行され、STOマーケットは盛り上がると考えていますが、懸念点はないのでしょうか?」と質問を投げかけた。同氏は「全く懸念はありません。日本はSTOにとって大きな市場になると考えているため、BUIDLを買収したのです」と答えた

ドイツ銀行が「仮想通貨は2030年までにフィアットシステムを置き換えうる」とレポート

・ドイツ銀行が2030年までに仮想通貨がフィアットシステムを置き換える可能性があると、同社のレポート「Imagine 2030」で発表した

・現在のフィアットシステムは、数十年の低人件費とインフレの影響で脆弱に見えると伝えている

・レポートでは、仮想通貨がフィアットシステムを置き換える可能性がある理由を2つを上げている。1つ目の理由は、消費者の3分2が現金払いよりも、キャッシュレス払いを好み、消費者の3分の1は現金の匿名性を懸念していて、それら2つの課題は、最も仮想通貨が解決できる可能性が高いからだ

・もう1つの理由は、ドイツ銀行のグローバルリサーチ部門のリーダーであるジム・リードが「GAFA または中国のBATX (Baidu、Alibaba、Tencent、Xiaomi)のいずれかの企業が規制のハードルを克服した場合に、急速的に仮想通貨の魅力を広げていくから」と述べている

・そしてブロックチェーンウォレットユーザーの数は2030年までに2億人に増加するのではと述べている

Nayutaが「ビットコインフルノード・SPVモード」 のハイブリッドモードを搭載したライトニングウォレットを公開

・株式会社Nayutaが、同社の開発する「Nayuta Wallet」に「ビットコインフルノード・SPVモード」のハイブリッドモードを搭載したことを発表

・これにより、Nayuta Walletは「ビットコインフルノード・SPVモード」のハイブリッドモードが搭載された初めてのライトニングモバイルウォレットとなるとのこと

・ビットコインフルノード・SPV・ハイブリッドモードはNayuta WalletのAndroid版に搭載される

・同ウォレットは、AndroidにNayuta Walletアプリを導入するだけで、ユーザーはスムーズにフルノードやライトニングネットワークを使い始めることが出来るとのこと(なおNayuta WalletはiOSでも利用可能だが、フルノード機能はAndroidのみ)

・Nayuta Walletのフルノード設定は、フルノードはもちろん全てのブロックを検証するが(fully validating node)、ストレージを節約するためにトランザクション履歴は選定される(pruned node)。トランザクション履歴の一部しか保持しないため、ユーザーは基本的に追加のSD cardを必要としないとのこと

・さらに同ウォレットは、フルノードとSPVモードを切り替えることが可能で、ユーザーが双方を両立して使用する設定が出来るハイブリッドモードも対応が可能。SPVは Simplified Payment Verification の略称で、ブロックチェーンのすべてのデータをダウンロードすることなくトランザクションの検証を行う方式

・ハイブリッドモードは、例えばユーザーが外出している時は簡易性や利便性のためにSPVモードでウォレットを使用し、フルノードはブロックを検証するようそのバックグラウンドで定期的に動く。 このフルノードが検証する行為は、バッテリーの寿命とモバイルデータを節約するため端末がWi-Fiに接続され充電している時にのみ、実行されるよう設定されているとのこと

・なお同社は、同ウォレットがまだオープンベータ版であり、資金を失う可能性があるため、失っても問題のない少額での利用を勧めている

ノースディテールが「NISEKO Pay」の実証実験に参画し、ブロックチェーンを活用したスマートフォンアプリを公開

・株式会社スマートバリューの100%子会社である株式会社ノースディテールが、北海道ニセコ地区で提供される電子地域通貨「NISEKO Pay」の実証実験に参画し、ブロックチェーンを活用したスマートフォンアプリを公開したことを発表

・「NISEKO Pay」実証実験は、一般社団法人ニセコひらふエリアマネジメントが運営主体となり、株式会社東急リゾートサービス、株式会社Orb、そして今回ノースディテール社が参画し、推進をしているプロジェクト

・また同実証実験は、「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」を運営する東急リゾートサービスが、周辺のスキーリゾートエリアや近隣の飲食店等と連携し、インバウンドを含めた観光客を対象にした実証実験であり、ニセコエリアの経済活性化を目的としている

・「NISEKO Pay」アプリは、Orbのブロックチェーン/分散型台帳技術を用いたコミュニティ通貨プラットフォーム「Orb DLT」を利用し、ノースディテールはiOS、Android向けのWalletアプリを構築したとのこと

・同アプリは、クレジットカードもしくは現金でチャージを行うことができ、QRコードを用いて、実店舗ではキャッシュレス決済、他のアプリ利用者間とは送金を行うことが可能とのこと

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。