ワールドコインのデイリーユーザーが100万人に、Sora発表受け「WLD」高騰

ワールドコインのデイリーユーザーが100万人に

ワールドコイン(Worldcoin)の「ワールドアプリ(World App)」のデイリーユーザー数が、2月12日~18日の週で100万人を超えたことが、ワールドコインの公式Xから18日発表された。

またWLDは17日に4.3円程度を推移していたが、19日には史上最高額となる7.9円にまで180%近い上昇をした。なお記事執筆時点では7円を付けている状況だ(2/20コインマーケットキャップ調べ)。

この価格上昇の背景には、AIチャットボットサービス「ChatGPT」を提供するオープンエーアイ(OpenAI)が16日(現地時間15日)にリリースした新生成AIモデル「Sora」が関連しているとみられる。なお「Sora」は、ユーザーがプロンプトから入力したテキストに基づいて、最長1分間のビデオを生成可能とする新たなシステムだ。なおリリース日は未定となっている。

ワールドコインは、OpenAIのCEOであるサム・アルトマン(Sam Altman)氏によって設立され、昨年7月に正式ローンチしたプロジェクト。

同プロジェクトは「オーブ(Orb)」と呼ばれるボール状のデバイスで網膜をスキャンし、各人それぞれの虹彩の特徴をデジタルコードに変換することで個人を識別する「World ID」を発行する。現在このスキャンは無料ででき、スキャンしたユーザーは現在無料の暗号資産「Worldcoin(WLD)」を受け取れる。この「WLD」の配布により、ベーシックインカム実現も計画されているという。

公式サイトによると記事執筆時点で約348万件の「World ID」が登録されている状況だ。

関連ニュース

参考:ワールドコイン
images:iStocks/Robert-Way

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない