通信大手テレフォニカがチェーンリンクと提携、SIMスワップ攻撃等に対するセキュリティ強化へ

SIMカードの不正変更が確認可能に

通信大手のテレフォニカ(Telefonica)が、ブロックチェーンデータプロバイダーのチェーンリンク(Chainlink)と提携し、「SIMスワップ」攻撃を含むWeb3関連のハッキングやエクスプロイトに対するセキュリティを強化すると2月15日発表した。

今回の提携により、スマートコントラクトがSIMスワップAPI(SIM SWAP API)からデータにアクセスできるようになった。

発表によれば、今回の取り組みは「GSMA Open Gateway SIM SWAP API」の最初のユースケースだという。

「GSMA Open Gateway」は、1,000以上の携帯電話事業者と企業で構成される組織のGSMAが主導する通信業界のイニシアティブだ。同イニシアチブへは今回、先駆的な通信機能をもたらすAPIが導入された格好だ。

今回の提携により、「GSMA Open Gateway SIM SWAP API」でチェーンリンク提供の「チェーンリンクファンクション(Chainlink Function)」がサポートされ、様々なソースからのデータの検証が可能になるという。

これにより、トランザクションのセキュリティ向上のみならず、スマートコントラクトがAPIに情報要求を行い、デバイスのSIMカードが不正に変更されていないことが確認でき、ブロックチェーントランザクションに追加のセキュリティレイヤーが導入されるとのことだ。

なお仕組みとしては、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーン上のスマートコントラクトがチェーンリンクオラクルネットワークを介してSIMスワップAPIにアクセスできるとのこと。

チェーンリンクを介して「GSMA Open Gateway API」を使用することで、分散型金融(DeFi)や分散型アプリケーションにおける二要素認証や不正検出に対応し、トランザクションのセキュリティ以外のリスクも軽減するとテレフォニカは伝えている。

なおチェーンリンクの「チェーンリンクファンクション」は、チェーンリンクが提供する任意のオフチェーンのAPIとスマートコントラクトの統合を実現するためのプラットフォームだ。開発者は同プラットフォームを利用することで、独自のサーバーを用意することなく、これを実現できる。

今年1月には「アービトラムワン(Arbitrum One)」が、「チェーンリンクファンクション」のサポートを開始している。

関連ニュース

参考:テレフォニカ
images:iStocks/shilh

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道