eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨投資分析PFローンチ、WyreがApple PayGoogle Payで仮想通貨購入できるサービス発表、米内国歳入庁が仮想通貨納税者へのガイダンス更新などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

eToroがTwitter分析に基づく仮想通貨の投資分析プラットフォームをローンチ

・eToroが仮想通貨の投資分析プラットフォーム「TIE-LongOnly CopyPortfolio」をローンチ

・ローンチの理由は、仮想通貨投資において市場心理を図る上で、ツイッターが最も影響力のあるツールになっているにも関わらず、大規模な情報ソースを洞察に満ちた実用的な方法で選別し、投資をできるツールがなかったからだとのこと

・eToroの米国マネージングディレクターのGuy氏は「従来の金融市場では、個人投資家は利用可能なデータツールが限られていて、投資するべき商品であるスマートマネーを見つけるのに遅れをとってきていました。この状況のままでは、個人投資家に大きな不利益をもたらし続けます。 暗号化と分散技術の精神で、すべての投資家に機関レベルのツールを提供することで、競争の場を平準化し、投資を民主化すると信じています」とコメントしています

WyreがApple PayとGoogle Payを利用して仮想通貨を購入できる新サービスを発表

・仮想通貨決済サービスWyre社が、新サービス「Wyre V2」を発表

・「Wyre V2」は仮想通貨の購入をより簡単にするサービスで、Apple PayとGoogle Payを介して仮想通貨を購入することが可能になる。購入にかかる時間は20秒ほどで済むとのこと

・対応通貨はBTC、ETH、DAI、USDコインの4種類で、初回の利用上限金額は250ドル。1500ドルを超える場合は追加文書の提出が必要となるとのこと

・また、Apple PayとGoogle Payのアカウント情報を、同サービスにそのまま使用することができるため、KYC(顧客確認)とAML(アンチマネーロンダリング)プロセスが簡素化されているのも特徴となっている

・なお同サービスの利用地域についての明記はないが、おそらく日本では利用できないのではないだろうか

アメリカ内国歳入庁が仮想通貨に関する納税者へのガイダンスを5年ぶりに更新

・米内国歳入庁(IRS)は、仮想通貨保有に対する税金を計算するための新ガイダンスを5年ぶりに発表

・主な論点は、通貨のフォーク、仮想通貨の価値の評価、売却時の利益計算方法の3つ

・通貨のフォークに関して、納税義務が発生するタイミングは、新たに生まれた仮想通貨がブロックチェーンに記録された時。それは納税者が実際に仮想通貨を利用できる時

・仮想通貨の利益計算は、先入先出法で計算される。そして、適正な通貨の価格の評価をするために必要な要素は「各通貨の購入日時、購入時の各通貨の原価と公正な市場価格、各通貨が売却、交換、処分された日時、各通貨が売却、交換、処分された時の公正な市場価格と各通貨に対して受け取った金額または資産の価値」などで。正確な日時における仮想通貨の価値を計算するには、ブロックチェーン・エクスプローラーは有用だと思われる

Kikがサービス継続へ

・Kik Interactive社が、同社の運営するチャットアプリKikの閉鎖を撤回し、サービス継続することを発表

・先月、同社のCEOであるTed Livingston氏が、同サービスを閉鎖し、独自仮想通貨「Kin」購入者の増加に注力することを発表していた

・今回の発表で、Kikアプリをさらに良くするプランがあり、その詳細は近日中に発表するとしている

・なお同社はKinのICOにあたり、1億ドル(約107億円)の未登録証券を発行したとして米証券取引委員会(SEC)から提訴を受けていた

 

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock / artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン活用の貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(トレードワルツ)」にNTTデータや三菱商事ら7社が共同出資

株式会社NTTデータ、三菱商事株式会社、豊田通商株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、兼松株式会社、損害保険ジャパン株式会社の7社が、ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(トレードワルツ)」を運営する株式会社トレードワルツに対して共同出資を行うことを10月27日に発表した

SBI日本少短とコンセンサス・ベイスがエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」を用いた代理店・募集人管理基盤システム開発

SBIホールディングスグループのSBI日本少額短期保険株式会社(SBI日本少短)とブロックチェーン開発企業であるコンセンサス・ベイス株式会社が、エンタープライズ向けブロックチェーン・プラットフォーム「コルダ(Corda)」を活用した少短会社(少額短期保険業者)向け「代理店・募集人管理基盤システム」を開発したことを10月27日プレスリリースにて発表した

クオントスタンプ(Quantstamp)がイーサリアム2.0クライアントの監査完了「フェーズ0のローンチは非常に近い」

スマートコントラクト監査会社のクオントスタンプ(Quantstamp)がイーサリアム2.0のクライアントであるTeku(テク)の監査を終え「イーサリアム2.0(Ethereum2.0)のリリース準備はほとんど整っている」との意見を示したことをブロックチェーンメディアDecryptが10月26日に報じた。

スイス国立銀行と国際決済銀行が2020年内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験開始か

スイス国立銀行(SNB)と国際決済銀行(BIS)が2020年内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を行う計画があることを、BIS Innovation Hubの責任者を務めるブノワ・クーレ(Benoit Coeure)氏が10月25日に上海で開催されたバンド・サミット(Bund Summit)で明らかにしたことを中国のニュースメディア「The Paper」が報じた。

中国人民銀行がデジタル通貨発行へ向け銀行法改正の公開協議、露中銀総裁が21年末までにデジタル通貨試験導入可能性を示唆などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国人民銀行がデジタル人民元発行を目的に銀行法改正の公開協議開始、ロシア中央銀行総裁が2021年末までにデジタル通貨試験導入の可能性を示唆、米内国歳入庁(IRS)が2020年度の個人所得税申告書(Form1040)に暗号資産取引・保有の有無の記入欄を作成、慶応大や伊藤忠テクノらが卒業見込証明書などをスマートフォンアプリへ発行する次世代デジタルアイデンティティ基盤の実証実験開始