ブラックロック、SECにイーサリアム現物ETFを申請

デラウェア州での事業体申請に続き

米資産運用会社ブラックロック(BlackRock)が、イーサリアム現物ETFである「iシェアーズ・イーサリアム・トラスト(iShares Ethereum Trust)」の登録申請書類「フォームS-1」を米証券取引委員会(SEC)へ11月15日提出した。

登録申請書によると、同ETFは「イーサリアム(ETH)の価格のパフォーマンスを一般的に反映させようとするもの」だと述べられている。

この申請に関する報道を受けてか、イーサリアム(ETH)の価格は2%ほど上昇し、11月16日20時頃に約2080ドル(約31.3万円)になったが、現在はほぼ報道前の値に戻し、記事執筆時点(2023年11月17日10:30)では約1978ドル(約29.7万円)となっている。(コインマーケットキャップ調べ)

ブラックロックは11月7日、米ナスダック(NASDAQ)経由でSECに「iシェアーズ・イーサリアム・トラスト」に関する申請書「19b-4フォーム」を提出している。

その後2日後の11月9日ブラックロックは、デラウェア州企業局のウェブサイトにイーサリアム現物ETFである「iシェアーズ・イーサリアム・トラスト(iShares Ethereum Trust)」の事業体を申請したことが各社に報じられた。この報道を受けイーサリアムの価格は上昇。10月10日正午頃の24時間比で約10%上昇しており、約2116ドル(約32.7万円)の値を付けていた。

なおブラックロックは現在、現物ビットコイン(BTC)のETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」もSECへ申請中だ。

関連ニュース

参考:申請書類
画像:iStocks/Funtap

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催