英HSBC、金のトークン化プラットフォーム立ち上げ

金のトークン化に乗り出す

英ロンドンに本社を置く大手銀行HSBCが、金のトークン化に乗り出した。各社が11月1日報じた。

ブルームバーグの11月1日の報道によれば、HSBCは分散型台帳技術を使い、ロンドンの金庫に保管されている現物の金の所有権をトークン化するプラットフォームを立ち上げたとのこと。

このシステムでは、金の延べ棒を表すデジタルトークンが作られる。機関投資家はそのトークンをHSBCの単一取引プラットフォームを通じて取引できるという。

またブロックチェーン技術の使用により、顧客はプラットフォームを通じて、それぞれの延べ棒のシリアルナンバーに至るまで、所有する金をより簡単に把握できるとのこと。

なお同プラットフォームにおける1トークンは0.001トロイオンス相当とのこと。ちなみにロンドンで流通している金の延べ棒は400トロイオンスとのことだ。

またブロックチェーンメディアのブロックワークスによれば、HSBCはこのアプローチを「顧客の現物金保有を許可されたデジタル表現で生成する」と述べているとのこと。

なおHSBCは、同システムを金以外の他の貴金属にも拡大する予定だという。

HSBC以外にも金をトークン化した事例はある。

2022年12月にロシアの大手銀行スベルバンク(Sberbank)が、金担保のデジタル金融資産(DFA)の発行を発表している。発行基盤となったのはスベルバンクが運用・開発する分散型台帳基盤だ。

また国内では、三井物産100%出資の子会社である三井物産コモディティーズが、金(ゴールド)価格に連動する暗号資産(仮想通貨)「ジパングコイン:Zipangcoin(ZPG)」を2022年より発行している。

関連ニュース

参考:ブルームバーグ ブロックワークス
images:iStoks/wacomka

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している