独DZ銀行、機関投資家向けデジタルカストディプラットフォーム提供開始

DZ銀行がブロックチェーン基盤のデジタルカストディ提供開始

ドイツで資産規模第3位の銀行であるDZ銀行(DZ Bank)が、ブロックチェーン基盤のデジタルカストディプラットフォームを、機関投資家向けに提供開始したことを11月2日発表した。

これにより機関投資家は、DZ銀行提供のデジタルカストディプラットフォームを通じて暗号資産(仮想通貨)に投資可能になったとのこと。

また発表によるとDZ銀行は、ブロックチェーン活用の機関投資家向けデジタルカストディプラットフォームを提供開始したドイツにおける初の信用機関になったとのことだ。なお同銀行による同プラットフォーム構築への取り組みは昨年に開始していた。

DZ銀行証券サービス及びデジタルカストディ部門責任者ホルガー・メフェルト(Holger Meffert)氏は、機関投資家向けデジタルカストディプラットフォームの提供開始について「今後10年以内に、資本市場ビジネスの大部分が分散台帳技術(DLT)ベースのインフラストラクチャを介して処理されることを想定している」とコメントしている。

また同氏によるとDZ銀行は、新たなカストディソリューション運用の為に、IT・オペレーション・コンプライアンス部門で10名以上の従業員を雇用したと述べている。

DZ銀行は今年6月、機関顧客が暗号資産に投資できるようにする為にドイツの金融規制当局である連邦金融監督庁(BaFin:バフィン)に暗号資産カストディライセンスを申請している。

また同行は今年2月、スイスのデジタル資産関連企業メタコ(METACO)と提携し、同銀行のデジタル証券と暗号資産の管理に、メタコのデジタル資産カストディ及びオーケストレーション(管理の自動化)サービス「ハーモナイズ(Harmonize)」を採用している。

なお現在DZ銀行は、機関投資家だけでなく個人顧客も暗号資産に直接投資できるように取り組んでいるとのことだ。

関連ニュース

参考:DZ銀行
images:iStocks/BlackSalmon

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored