独DZ銀行、機関投資家向けデジタルカストディプラットフォーム提供開始

DZ銀行がブロックチェーン基盤のデジタルカストディ提供開始

ドイツで資産規模第3位の銀行であるDZ銀行(DZ Bank)が、ブロックチェーン基盤のデジタルカストディプラットフォームを、機関投資家向けに提供開始したことを11月2日発表した。

これにより機関投資家は、DZ銀行提供のデジタルカストディプラットフォームを通じて暗号資産(仮想通貨)に投資可能になったとのこと。

また発表によるとDZ銀行は、ブロックチェーン活用の機関投資家向けデジタルカストディプラットフォームを提供開始したドイツにおける初の信用機関になったとのことだ。なお同銀行による同プラットフォーム構築への取り組みは昨年に開始していた。

DZ銀行証券サービス及びデジタルカストディ部門責任者ホルガー・メフェルト(Holger Meffert)氏は、機関投資家向けデジタルカストディプラットフォームの提供開始について「今後10年以内に、資本市場ビジネスの大部分が分散台帳技術(DLT)ベースのインフラストラクチャを介して処理されることを想定している」とコメントしている。

また同氏によるとDZ銀行は、新たなカストディソリューション運用の為に、IT・オペレーション・コンプライアンス部門で10名以上の従業員を雇用したと述べている。

DZ銀行は今年6月、機関顧客が暗号資産に投資できるようにする為にドイツの金融規制当局である連邦金融監督庁(BaFin:バフィン)に暗号資産カストディライセンスを申請している。

また同行は今年2月、スイスのデジタル資産関連企業メタコ(METACO)と提携し、同銀行のデジタル証券と暗号資産の管理に、メタコのデジタル資産カストディ及びオーケストレーション(管理の自動化)サービス「ハーモナイズ(Harmonize)」を採用している。

なお現在DZ銀行は、機関投資家だけでなく個人顧客も暗号資産に直接投資できるように取り組んでいるとのことだ。

関連ニュース

参考:DZ銀行
images:iStocks/BlackSalmon

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored