韓国中央銀行、CBDCのホールセールテスト開始へ

韓国銀行がCBDCホールセールテスト開始

韓国の中央銀行である韓国銀行が、国際決済銀行(BIS)らと協力し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のホールセール・テストを開始する。韓国銀行が10月4日発表した。

発表によれば、この実験ではホールセール(金融機関などの大口業務)型CBDCに基づいて構築された未来の通貨システムの実現可能性を探るという。

韓国銀行はBISの研究者と連携し、同実験を行うとのことだ。なお監督は韓国の金融規制当局である金融委員会(FSC)および金融監督院(FSS)が行うという。

同実験では、ホールセール型CBDCが商業銀行のトークン化された預金の決済資産として使用できるかどうかや、トークン化された預金のプログラム可能性についての実験も行われるとのことだ。

ただし韓国銀行は、CBDCを発行する緊急の必要性はないと考えているとのこと。近年、決済分野におけるイノベーションは急速に加速しており、米国、ユーロ圏、中国、 日本など、ほとんどの経済圏でCBDCに関する議論が本格化している。そのため韓国銀行は「将来的にCBDCが導入される可能性があるため、それに備えておくことが必要であると考える」と述べている。

関連ニュース

参考:韓国銀行計画書
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Jae-Young-Ju

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している