韓国中央銀行、CBDC発行や償還を今夏シュミレーション

韓国中央銀行、CBDC発行や償還を今夏シュミレーション

韓国の中央銀行である韓国銀行が分散型台帳技術(DLT)に基づく中央銀行デジタル通貨(CBDC)の技術提供者となる企業を募る入札依頼書を発表し、いくつかの詳細を明らかにしたことをLedger insightsが報じた。過去に韓国銀行はデジタル通貨のカストディについて、クレイトンやヒュンダイと協議を行っていた。

韓国銀行の分散型台帳ベースのシミュレーションプロジェクトは10ヶ月間行われる予定で、メインとなる第一段階は8月から12月まで行われるとのこと。シミュレーションされる予定のCBDCは、中央銀行が通貨を発行し、金融機関が流通を行う二層構造になっている。

第一段階では、通貨の作成、発行、償還が行われる。発行はネットワークから物理的に切り離された中央銀行のセキュアなコンピューティング環境で行われ、その後、金融機関の電子ウォレットでも同様の通貨が発行される。金融機関の電子ウォレットで通貨が発行されると、その金融機関の中央銀行口座からお金が引き落とされる仕組みだ。それによって同様の通貨が二つ存在する状況を防ぐとのこと。

また第一段階ではいくつかの基本的なユースケースが試行される予定だ。スマートフォンアプリなどのエンドユーザー用ウォレットや、少額の支払いを行うための秘密鍵の保管の実装や運用も行われる。また銀行預金をCBDCと交換することも、テストされる機能の一つとなっている。そしてシュミレーションを通して、最も重要なユースケースはCBDCを使った支払いとのことだ。 

第一段階がうまくいけば、第二段階では、国境を越えた送金、オフラインでの決済、規制への対応、有価証券だけでなく美術品などの知的財産を含むデジタル資産を購入するシステムとの統合などが予定されているようだ。

参考:Ledger insights

(images:iStocks/Ninja-Studio・NatanaelGinting)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored