DFINITY財団が「ICP Asia Alliance」立ち上げ、アジア全土でのweb3導入促進に向け

ディフィニティ財団がアジア全土にICP導入促進へ

ディフィニティ財団(DFINITY Foundation)が、「ICPアジアアライアンス(ICP Asia Alliance)」の発足を9月28日発表した。

また同団体は、アジア全体のブロックチェーン・AI開発分野におけるイニシアチブの成長と発展を支援する、2,000万ドル(約30億円)規模の助成金基金(grant fund)創設も併せて発表している。

発表によると「ICPアジアアライアンス」は、ディフィニティ財団が支援するICP(インターネットコンピューター)ブロックチェーンの導入促進に重点をおいた、アジアでのweb3とAIのエコシステムを育成する最前線になるとのこと。

同アライアンスは、コラボレーション・教育・イノベーションのためのプラットフォームを確立することで、個人・企業・コミュニティがweb3とAI技術の変革力を活用できるよう目指すという。

また「ICPアジアアライアンス」は、ICPのコミュニティメンバーや開発者・起業家・教育機関を結びつけ、包括的なプロジェクト支援に取り組むという。それにあたり助成金基金はアジア全域でICPブロックチェーン技術の導入を進めるうえで重要な役割になるとのことだ。

ディフィニティ財団の創設者兼チーフサイエンティストであるドミニク・ウィリアムズ(Dominic Williams)氏はリリースにて以下のようにコメントしている。

ICPおよび広範なweb3エコシステムにとってアジアは重要な地域となっている。ICPとディフィニティの初期のサポートと採用の多くは、最も才能のあるICP開発者の拠点であるアジアから生まれた。香港はweb3技術を受け入れる政府の先進的な取り組みのおかげで、世界的なクリプト(ブロックチェーンと暗号資産の総称)のハブとして繁栄しており、新たにICPアジアアライアンスを立ち上げるのに理想的な場所となっている。

関連ニュース

参考:ディフィニティ財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道